お見舞い 封筒 金額を書く

お見舞いの封筒に金額を書く

スポンサーリンク

 地震にあった人や事故や病気などで病院に入院をしているという人がいます。
これが知り合いや親戚や会社関係の人の場合、お見舞いに行かなければいけません。
このような人を見舞うときには、お見舞い金を用意しなければいけません。
ここでその金額や封筒の書き方というのが気になります。
毎日の生活で何度もあることではないので、なかなかそのマナーを理解していないという人が少なくありません。
ここで用意しなければいけないのがお見舞い封筒になります。
封筒に関しては水引やのしなどがついていないシンプルな白いものを用意します。
このほかには左側に赤い帯が入っている市販の専用の封筒を使うということがよく行われています。
しかしここで注意しなければいけないことがあります。
白いものでも二重封筒は避けるようにします。
それは不幸が続くということを意味するからです。
病気やケガのお見舞いの場合には御見舞いと書くようにします。
災害の場合には災害御見舞いと書くようにします

スポンサーリンク

また封筒の裏側にも書かなければいけないことがあります。
それは金額を書くということです。
裏側の左下に金額を書くようになっていますが、包んだ現金の金額を書くようにします。
会社の同僚の数名で、複数の人が連名でお金を渡すということがあります。
このような場合には代表者一人の姓名を表側に記入して、左側に残りの人の姓名を記入するようにします。
中袋がついているということがありますが、この場合には中袋の方に代表者以外の姓名と金額を書くという方法もあります。
金額に関してはとくに決まっているということはありません。
しかし相手との関係を考えて、多すぎないように、また少なすぎないように相場にあった金額を用意するようにします。
あまりにも金額が多すぎるということになれば、相手にとって負担となってしまいます。
祖父母や両親などの場合は5千円から1万円となっています。
友人や知人の場合には3千円から5千円というのが相場となっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い金を封筒に包むときの正しいの包み方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い封筒の書き方や入れ方、閉じ方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金の金額記入や封筒について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。