お見舞い 封筒 金額 五千円

封筒に入れるお見舞い金額の相場が五千円の関係とは

スポンサーリンク

お見舞いの金額は、相手との関係性によって相場が変わります。
親や兄弟、祖父母や親戚の場合の相場の金額については、五千円〜一万円が相場となっています。
ただし、中には三万円包む人も存在しており、場合によって臨機応変に対応しましょう。
入院には何かとお金がかかりますので、親や兄弟など親族には現金で贈る場合がほとんどとなります。
 お見舞いの封筒に入れる金額の相場は、友人や知人の場合には三千円〜五千円、仕事関係の場合には三千円(有志何人かでまとめて贈る時の1人当たりの金額)、ご近所の方が入院された場合には三千円〜五千円が相場となっています。
 退院した際には、いただいたお見舞い金の半分〜3分の1のお返しをするのが一般的となっています。
相手のお返しの負担を考慮した金額が相場となっています。
ただし、相場の範囲内であっても、4は死、6は無、9は苦を連想させるとして見舞金にはマナー違反となります。
特に、4という数字は気にされる方が多いので注意しましょう。

スポンサーリンク

 お見舞い金は紅白の結び切りの祝儀袋か、白い無地の封筒に入れるようにします。
病気が二度と訪れないようにという縁起を担いで、紅白の結び切りを使います。
何度でも結び直しができる蝶結びは、病気が繰り返すということに結びつきますので、入院のお見舞いには使用しません。
また、入院は不幸事になるのですが、不祝儀袋を使用するのは絶対にやめましょう。
 祝儀袋でも白い封筒の場合でも、表書きには「御見舞」や「お見舞」と書きます。
入れるお札は、なるべく新札に近いきれいなお札を入れるようにします。
シワシワのお札や破れたり汚れたりしているお札はNGです。
逆に新札の場合には、事前に用意していたと相手に不快な思いをさせる場合もありますので、新札を使用する場合には、一度折り目をつけてから入れるようにしましょう。
 目上や年上の人に、お見舞いで現金を贈るには失礼にあたりマナー違反とされています。
目上の方に贈る品物がどうしても思い浮かない場合には、現金ではなくギフト券や商品券であればOKとなっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

金額が三千円のお見舞い金ののし袋の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金額が五千円の場合ののし袋と書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
金額が一万円の場合のお見舞い袋の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの金額で十万円を包む場合の書き方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。