お見舞い 封筒 裏 金額

お見舞いのマナー 金額の相場は 封筒の表書き・裏書きについて

スポンサーリンク

 知人や友人が病気や怪我で入院した場合、真っ先に駆けつけたいところです。
しかし、いきなり訪問するのは失礼に当たります。
病気や怪我の具合によっては面会を控えた方がいい場合もあります。
お見舞いに行く際は家族の了解を得てから、病院の面会時間を調べてから行くようにしましょう。
お見舞に行く際は品物にするか、見舞金を持参するか迷うところです。
見舞金を持参するのは親戚以上の場合が一般的ですが、特に決まりはありません。
しかし、友人や知人のお見舞で見舞金を持参するとかえって気を遣わせる場合もありますので、そういった場合は品物を渡す方がいいでしょう。
金額の相場は1万円までが一般的です。
親戚は5千円から1万円、友人・知人・ご近所さんは3千円から5千円が相場です。
また、職場関係で有志数名で渡す場合は一人当たり3千円がいいでしょう。
お見舞金を渡すときはもちろん、お札をそのまま渡すわけにはいきません。
お見舞い用の封筒に入れて渡すのがマナーです。
封筒は右に赤い線が入った見舞い袋や無地の白いものを使います。
水引はあてもなくても構いませんが、付いているのを使う場合は結び切りのものを使いましょう。
不祝儀袋は絶対に使ってはいけません。

スポンサーリンク

さて、封筒の書き方にもマナーがあります。
市販されている見舞い袋には中袋があるものとないもとがありますが、中袋があるもののほうがいいでしょう。
ここでは中袋がある場合の書き方を紹介します。
表には「御見舞」もしくは「祈御回復」と書きます。
中袋の表中央に金額を書きます。
裏の左側に名前と住所を書く欄がありますので、小さめの字で書きましょう。
中袋がないタイプの場合は外袋の裏側に小さく金額を書きます。
また、連名で出す場合は外袋の表中央に代表者の名前を書き、左側に残りの人の名前を小さめに書きます。
4人から5人程度ならこの書き方でもいいですが、大人数で外袋に名前を書き切れない場合は、外袋に代表者の名前を書き、中袋に残りの人の名前を書きます。
この時は、中袋の表側に金額(総額)を書き、裏側に連名の名前を書くのが一般的です。
見舞い袋に入れるお札は新札にごだわる必要はありませんが、用意できるのであれば新札のほうがいいでしょう。
お札は外袋の上下に合わせ、人物がを上にして入れましょう。
最後に、お見舞いで長居は禁物です。
元気づけようと話が長くなると、相手を疲れさせてしまいますし、相部屋の場合は他の入院患者の迷惑にもなるからです。
長くても10分から15分程度で切り上げるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い封筒の裏書きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金の封筒の裏について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金(見舞金)の封筒の裏書きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い時の封筒、表書きの書き方と裏側
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。