入院 お見舞い 金額 封筒

入院している方のお見舞いに持参するお見舞い金額と封筒について

スポンサーリンク

 友人知人、家族親族が入院した場合、お見舞いに行くでしょうが手ぶらで行くわけにはいきません。
お見舞いの品かお金を包むのが一般的です。
お見舞い金は封筒に入れて渡します。
金額の相場は、友人なら三千円から五千円、仕事関係なら三千円、ご近所関係なら三千円です。
家族親族の場合、一万円から三万円ぐらいです。
これは世間的な相場であって、友人間、会社関係、ご近所、家族親族間で金額についての取り決めがある場合がありますので、臨機応変に対応してください。
また、頂いた側はお返しをするので負担になるような金額にならないように考慮し、四は死、六は無、九は苦を連想させ入院している方に失礼にあたるので気をつけてください。
一人三千円を三人で贈る場合、九千円になってしまいますが、こういうときは千円足して一万円にして贈るのが適切です。
また目上の方にお金を包むのは失礼にあたりますので、目上の方が入院したときはお見舞い品にしたほうが妥当です。

スポンサーリンク

お見舞いは祝儀袋に包みます。
祝儀袋に違和感や抵抗を感じる方や用意できない方は白い封筒でも代用できます。
絶対に不祝儀袋は使わないでください。
祝儀袋、封筒ともに、表書きに「御見舞い」または「祈御回復」とします。
また、どうしても目上の方に持参したいときは「御伺」とします。
祝儀袋は、見舞金用の横に赤い線の入っているものを使います。
水引は再び病気や怪我がないようにという意味で、紅白の結びきりのものを使います。
水引が蝶結びのものは、何度でもという意味があり再び入院することを連想させてしまうので絶対に使用しないでください。
お金は特に新札にしなければならないという決まりはありません。
極端にシワシワなものや折れ曲がっているものは避けて、良識の範囲内でお金を包みます。
お金の入れ方ですが、お金の向きを揃えて表向きに入れるのが一般的です。
このように、入院されている方にお見舞い金を持参するときには様々なマナーがありますので、入院されている方やご家族が不快にならないよう気をつけてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

入院のお見舞い金(お見舞金)の封筒の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。