お見舞い 封筒の書き方 連名

連名でお見舞い金を包む時の封筒の書き方

スポンサーリンク

 病気や怪我にあった方や不幸に遭遇した方をに病院や自宅に出向き、慰めたり励ましたりする事をお見舞いといいます。
手ぶらではなくお金を包んだり、お花や果物等の品物を持参し、大変な状況に置かれている方に会いに行く方が多いです。
お見舞いには、様々なマナーがあり、マナーを知らずに行動してしまうと、相手を嫌な気持ちにしたり、周りの人に迷惑をかけてしまう事があります。
これでは、せっかく会いに行っても、何の意味もありません。
そこで、様々なマナーの内の一つである、お見舞い金を包む封筒の選び方、封筒の書き方について、説明していきます。
まず、お見舞い金の金額は、相手がどのような立場であるかによって変わってきます。
一般的な相場は、家族や親族に対しては5000円以上、知人や友人、職場関係の方に対しては3000円〜5000円となっています。
4、6、9という縁起が悪い数字を避けた金額を、比較的綺麗な旧札で揃える事が大切です。

スポンサーリンク

封筒は、市販の金封封筒か白い封筒を使います。
水引きは、結びきりのものを使用するか無しでも大丈夫です。
熨斗付きのものは、熨斗に引き伸ばすという意味があるので、避けなければいけません。
使う封筒が決まったら、中袋に表を上にしてお金を揃えていれ、表中央に金額を縦に記入します。
次に、外側の封筒の書き方ですが、表書きの上段は、御見舞い、お見舞いとする事が多いです。
下段には、贈る方の名字または会社名を記入します。
連名でお見舞い金を包む場合も多いので、下段の封筒の書き方を、詳しく説明していきます。
2名連名の場合、文字の大きさは同じにし、右側を格上または年長者の名前にします。
一家全員で贈りたい場合、代表者として世帯主の名前をフルネームで中央に書きます。
3名連名の場合、文字の大きさは同じにし一番格上で年長者の名前を中央に置くようにします。
4名以上の連名は避け、代表者の名前をフルネームで中央に記入し、左に外一同とします。
外一同はやや小さめに書くのがベストです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞金(お見舞い金)の連名の際の封筒の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。