お見舞い 封筒 書き方 中袋

お見舞い品をお金で渡す場合 封筒の書き方 中袋の使い方

スポンサーリンク

 親戚や知人・友人が病気や怪我で入院した場合は一刻も早くお見舞いに訪れるのがマナーです。
ですが、いくら急だとはいえ手ぶらで駆けつけるのは無礼に当たる場合があります。
品物としては果物やお菓子・お花を持参するのが一般的ですが、病気や怪我の程度によっては患者が食べられない場合や、お花を受け付けない病院も増えてきたので、見舞金を持参するのが無難でいいでしょう。
その場合は封筒に入れる必要がありますが、普通の茶封筒やポチ袋などに入れて渡すのはマナー違反です。
ちゃんとしたお見舞い用の封筒に相応の金額を入れるのが正しい方法です。
正しいお見舞いのマナーを身に付けて相手への思いやりの気持ちを伝えましょう。
お見舞い封筒の書き方にももちろんマナーがあります。
金額を記入する際は、外から金額が見えないように書くことが重宝されています。
封筒のほとんどには「中袋」という別の小さな袋がついています。
この中袋の裏面に金額を記入します。
金額の書き方は「金壱萬円」「金五千円」など漢数字で書きましょう。
金額の最後に「也」と書くのはご祝儀の時でお見舞いの場合は必要ありません。

スポンサーリンク

職場の上司や友人が入院した場合、同僚や友人たち全員で訪れると逆に気を遣わせてしまいます。
とは言え、全員が気持ちを伝えたいところでもあるので、こういう時はお金を出し合って代表者が渡すようにしましよう。
連名で渡す場合でも書き方にはマナーがあります。
まず、3人程度の場合は表下段に右側から名前を書きます。
4,5人以上になると表に書きづらくなりますので、中袋を利用するといいでしょう。
表に代表者の名前を書き、中袋に残りの名前を書きます。
この場合、中袋の表側に金額、裏側に連名を書くのが一般的です。
また、文字の大きさにも気をつけたいものです。
金額を大きく書きすぎると、金額の方が主張されてしまい、印象が悪くなってしまう場合があります。
最後にお金の包み方ですが、お札の人物の顔が表になるように入れるのが一般的です。
普段、お金を使う時はお札の顔の向きなどあまり気にしませんが、こういう時こそ正しい位置でお金を入れてきちんと渡しましょう。
また、新札にごだわる必要はありませんが、出来れば新札を入れると相手に気持ちが伝わりやすいです。
事故や病気での入院はいつ起こるかわかりません。
ちゃんとしたお見舞いのマナーを身に付けて、いざという時に困らないようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い封筒の、金額の書き方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い用封筒の名前の書き方とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金の封筒のマナーや書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金の適切な金額と封筒の書き方のマナー
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
御見舞金(御見舞い金)の封筒の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金(お見舞金)の封筒と名前について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。