お見舞い 封筒 名前の書き方

お見舞い用封筒の名前の書き方とは

スポンサーリンク

 知人や友人・親戚などが入院をしたら、お見舞いに行くことになります。
そして、お見舞いの際には品物やお金を持参するようにします。
しかしお見舞いにもマナーがあり、品物として持参してはいけない物や、お金を入れる封筒にも決まりがあります。
しかし頻繁にあることではないため、しっかりとマナーを身に着けておきたいものです。
まず、封筒は結びきりののし袋を使います。
結びきりには繰り返さないと言う意味があるため、二度と入院をしないようにと言う意味が込められています。
そして、熨斗の印が付いていない封筒を選びます。
熨斗が付いていると、病気を伸ばすと言う考え方もあるため禁物です。
もし、のし袋が用意出来ないのであれば、白無地の封筒を使うことも可能です。
間違っても不祝儀用の封筒を使わないようにします。
近年お見舞いの封筒には、熨斗も水引も付いていないシンプルな物も販売されているため、このような物を使えば間違えることもなく無難だと言えます。

スポンサーリンク

名前の書き方にもマナーがあります。
表の上部にはお見舞いと書き、下部には名前をフルネームで書きます。
連名であれば、3人まで書き入れることが出来ます。
連名の名前の書き方は、右側から格上の人の名前を順に書いていきます。
左側が格下の人となります。
4名以上の場合は、まず代表者の名前を書き、その左側に外一同または有志一同などと書きます。
そして中袋の中に、全員の名前を書いた紙を入れるようにします。
名前を書く際には、薄い墨は避け、なるべく黒くはっきりとした墨で、強くて元気な字で書くようにします。
小さな字や弱々しい字はお見舞いには向きません。
このように、名前の書き方にもマナーがあるため、知っておくことが大切です。
一方裏側には、住所を左側に寄せて縦に書き、金額も書いておくと親切です。
お札は、破れや汚れがあったりシワが酷いものは避けるようにします。
新札であれば、一度折り目を付けてから入れるようにすると良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い封筒の、金額の書き方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い品をお金で渡す場合 封筒の書き方 中袋の使い方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金の封筒のマナーや書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金の適切な金額と封筒の書き方のマナー
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
御見舞金(御見舞い金)の封筒の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金(お見舞金)の封筒と名前について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。