お見舞い時の封筒、表書きの書き方と裏側

スポンサーリンク

知り合いや身内の人が入院などをした時に、お見舞いを持っていくことがあると思います。
そんな時、見舞金などは封筒に入れて持っていくと思いますが、封筒に入れるお金の向きや封筒の種類などマナーがある事知っていますか。
細かいことかもしれませんが、恥をかかない為にも知っておくと便利です。
お見舞い用にはお見舞いと書かれた封筒が売ってありますが、もし手に入らなかった場合祝儀袋か白い無地の封筒が良いとされています。
出産見舞いなどでは水引のついた蝶結びの祝儀袋を使います。
病気見舞いになると、紅白の水引が結び切りになった袋を使いましょう。
表書きの書き方は、出産祝いかお見舞いと上段に書きます。
その下側に自分の名前を書きます。
さらに、裏側の左に自分の住所と名前を書きましょう。
また、見舞金の金額も書きましょう。
中袋のあるタイプを使う場合は、中袋の表に金額を裏に名前と住所を書きます。
上包みの裏の折り返しは下側が上にくるように包むのがマナーです。

スポンサーリンク

見舞金の入れ方にもマナーがあります。
人物の書かれている方を上にして表向きに入れます。
お札はなるべく汚れていないシワの少ないお札にします。
複数枚お札を入れる時はすべてのお札を同じ向きに揃えて入れましょう。
最近では拘る方も少なくなってきたように思われるマナーですが、そんなに難しい事ではないので覚えておいた方がいいです。
お見舞金の相場ですが、その人との間柄や付き合いなどで大体の目安があります。
家族、親類など親しい間柄の場合1万円位が相場になっているようです。
友人などは5千円位、職場関係などでは3千円位と言われています。
また、お見舞いなどには新札はなるべく入れないようにした方が良いと言われることもあります。
なぜなら「事前に用意していました。
」と思われるからです。
そんなつもりも無いのにそう思われるのも、あまり好ましい事ではないので、新札しかない場合は折り目をつけてから入れた方がいいでしょう。
誤解のないような工夫も必要です。
以上、封筒の包み方や書き方や、裏の書き方など覚えておいた方がいいマナーの紹介でした。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いのマナー 金額の相場は 封筒の表書き・裏書きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い封筒の裏書きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金の封筒の裏について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金(見舞金)の封筒の裏書きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。