お見舞い 封筒 裏書き

お見舞い封筒の裏書きについて

スポンサーリンク

 お見舞い封筒には表書きをしなければいけないようになっています。
それと同じように裏書きをしなければいけない部分もあります。
したがって封筒の裏書きの方法をしっかりと理解しておくことが必要になります。
最近ではお見舞い袋が市販されるようになっていますが、中袋があるものと中袋がないものがあります。
しかし一般的には中袋があるものを選ぶようにします。
この中袋の封筒に関しては、表の中央部分に金額を記入するようになっていますが、裏書きにはどのようなことを書くのかわからないという人がいます。
お見舞いの際には裏の中央よりも左側に、住所や氏名を書くところがあります。
ここに少し小さめの時で記入するようにします。
しかし必ずしも住所を書かなければいけないということはありません。
親しい友人などの場合には、住所を省略することができます。
中袋がないというようなお見舞い袋もありますが、この場合には外側の裏に直接金額を記入するようになっています。

スポンサーリンク

またお見舞い袋に入れる金額が気になるという人も少なくありません。
普通の慶事の場合には新札を使うようになっており、弔辞の場合には旧札を使うというのが一般的です。
ここで気になるのがお見舞い金の場合はどちらを使うのかということになりますが、どちらにも関係していないというように判断することができます。
しかし相手に対して早く回復をして欲しいという励ましの気持ちを込めたものとなっているので、回復を願うという意味では新札を用意するというのが理想となります。
お札の入れ方は、外袋の上下に合わせて、人物が書かれた方を上にして入れるようにします。
しかし慶事や弔事のように堅苦しく考えなければいけないということではありません。
相手を心配して励ますというのが一番の目的となっているので、その気持ちを大切にします。
親族の場合には5千円で、親や親と変わりのないつきあいがあるというような場合には1万円とします。
普通の会社関係の場合には3千円で、友人や知人の場合も3千円が目安となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いのマナー 金額の相場は 封筒の表書き・裏書きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金の封筒の裏について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金(見舞金)の封筒の裏書きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い時の封筒、表書きの書き方と裏側
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。