お見舞い 封筒 書き方 ペン

お見舞いの封筒のペンでの書き方について

スポンサーリンク

 家族や同僚又は知り合いの方が入院するとお見舞い金やお見舞いの品を持っていきます。
持ってく際に迷うのが封筒の書き方です。
ネットで調べてるとたくさんの情報があり迷いますが、基本は知っておくと便利です。
封筒の表書きについてです。
お見舞い又は御見舞いのどちらでも構いません。
封筒の中央の上の部分に書きます。
中央下には自分の名前を書きます。
この時もペンは筆ペンで書くのが望ましいです。
マジックペンで書く方がいますが、出来れば筆ペンで書きましょう。
次に裏書きについてです。
裏面の左下に縦書きで郵便番号、その左隣に住所を書きます。
番地は漢数字で書くのが望ましいです。
表書きに名前を書かない場合、裏面の住所の左側に住所よりも大きく書くといいです。
書き方は達筆でも下手でも構いません。
お見舞いする気持ちを忘れないように書くといいでしょう。
また、間違えやすい場合は予め別の紙などに下書きしてから書くと失敗しないで済みます。

スポンサーリンク

次に金額の書き方についてです。
中包み袋があれば表書きの真ん中に金壱萬円と書きます。
このとき漢数字の一、二、三は間違えやすいので壱、弐、参と書きます。
万も萬と書くように心掛けましょう。
中包み袋がない場合、金額は封筒の裏面の左下に横書きで書きます。
最近は漢数字より数字で書く方がいますが、渡す人によって書き分けてもいいです。
封筒も渡す方によって分けてもいいです。
基本は知っておくといいですが、友人などに渡す場合は改まらなくても中包み袋がないものでもいいでしょう。
渡す際に間違えてはいけないのがお見舞い袋です。
のし袋で渡しますが、必ず結びきりの物を使います。
また熨斗がついた封筒を渡す方がいますが、出来ればついてない物を渡すといいでしょう。
基本を守って渡せば相手に失礼に当たらないので、予め調べておくのが望ましいです。
また、何回もあるものではないので、前もって袋を買っておくと慌てないで済みます。
買う時もよく見てから買うといいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞金を入れる封筒に文字を書くときはどのペンを使うのか
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。