お見舞い 封筒 入れ方 向き

お見舞いの封筒の入れ方や向きについて

スポンサーリンク

入院をしている人にお見舞い金を渡すということがあります。
このときに気になるのがマナーに関してです。
このマナーをしっかりと理解しておかないと、後で恥ずかしいということになり相手に対しても失礼になってしまいます。
入院の見舞金には新札を使うことが望ましいと考えられていますが、この時の封筒への入れ方や封筒に入れる向きや新札の折り方などについてしっかりと理解をしておくことが必要になります。
お見舞い金のお札に関しては、できるだけ新札を用意するようにします。
シミがあるようなお札は使わないようにします。
またお見舞い金に関しては相手との関係性を考えて用意するようにしますが、4千円というのは失礼になります。
実際にどのような封筒に入れればいいのかというと、市販の袋が無難となります。
しかしこれがないという場合には、白い封筒でも構いません。
ここで注意しなければいけないことがあります。
それは二重封筒を使うということです。
これは使わないようにします。

スポンサーリンク

なぜ二重がいけないのかというと、繰り返すということを意味するので、注意が必要となります。
のし袋に入れるというときには、入れ方として蝶結びの水切りは使わないようにします。
また封筒を購入したときにナイロン袋に入っていますが、ここに入れたまま相手に渡すというのは避けるようにします。
お札の入れ方として向きがわからないという人がいます。
向きに関しての決まりは特にありません。
しかしお札の人物が書かれている方を表向きにするようにします。
人物が下になるように入れるのがよいと考えられています。
入院をしている人に会いに行くという形になりますが、その時期に関しては症状が安定してきたときや、回復に向かっている時を選んでいくようにします。
入院が長引きそうなときには、いつ頃行けばいいのかということを家族に確認してから行くようにします。
入院の見舞金に関しては、誰からもらったか後でわかるように必ず金額を記入しておくようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

入院時の、お見舞い金(御見舞い金)の入れ方とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
入院している方にお見舞い金を渡す際のお金の入れ方などのマナー
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いのマナーとお見舞金(お見舞い金)の封筒への入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金を入れる封筒やお金の入れ方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。