お見舞い封筒 折り方

お見舞い封筒の折り方について

スポンサーリンク

 お見舞いに行くときにはお金を包むというのが一般的となっています。
この金額に関しては、相手との関係性によって異なっていますが、相場があります。
わからないという人は詳しい人に確認をするという方法があります。
そこで気になるのがお見舞い封筒の折り方に関してです。
お見舞い封筒の折り方に関しては、地方や風習によって異なっているというのが現状です。
したがってはっきりとした規定はありません。
基本的にその地域の監修によって、お見舞いの封筒を折るということが重要です。
しかしそれではわかりにくいという人も少なくありません。
お見舞い封筒の折り方に関しては、一般的な方法もあります。
したがってそれを知っておくと安心です。
お見舞いの場合には水引であるのか花柄であるのかということが気になりますが、これらがあしらわれた専用のものを用意するようにします。
しかしここで注意しなければいけないことがあります。
それは相手が会社関係者の場合です。

スポンサーリンク

相手が会社関係の場合には、水引を使うようにします。
また封筒の中身に手紙を入れるというようなことは避けるようにします。
手紙を添えたいと考えている人がいますが、その場合には別のものを用意して添えるという形が一番となります。
またお見舞い封筒の折り方に関しては、相手の早い回復を願って用意をするというのが基本です。
したがって折の重ねに関しては、上野の折りを内側にします。
したがってこれをしたから見たときには、下を後ろから折るという形になります。
この時に気をつけなければいけないことは、折り目が曲がらないようにまっすぐに折るということです。
また折り目が二重になってしまったり折り目のはしが破れていたり汚れていたりすると、相手が不快に感じてしまうので、このようなときには新しいものを用意してまた最初から折るようにします。
現金を入れるときには、裏向きに揃えて入れるというのが基本です。
また中袋の表面には住所と氏名を書くようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い金の封筒の折り方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。