お見舞い のし袋 書き方

お見舞いのし袋の書き方

スポンサーリンク

 お見舞いを現金で渡す時には、のし袋を使用します。
のし袋にはいろいろな種類があるのですが、お見舞いの場合には、病気やケガを2度と繰り返さないようにという願いを込めて、紅白の結び切りを使用するのがマナーとなります。
のし袋には蝶結びもあるのですが、何度でも結び直せる蝶結びは、お見舞いには使用しません。
また、のし袋を使わずに、白い封筒にお見舞金を入れてもかまいません。
ただし、白封筒の場合には、二重封筒はNGとなります。
二重は繰り返しを意味し、繰り返すのは縁起が良くないからです。
 のし袋や白封筒の書き方については、いずれの場合でも表上部に「御見舞」と書いて、表下部に自分の名前を書くようにします。
また、濃い墨(黒)で楷書で書くというのが正式な書き方となります。
また、のし袋への金額の書き方については、「金〇萬円」「金〇千円」と書くようにします。
金額に「也」を付け加えるのは、お見舞いの場合にはNGとなります。
  スポンサーリンク

 お見舞金の金額については、特に決まりはありません。
入院されている方との関係性が親密であればあるほど、高額を包むというのが一般的となっています。
そこまで親しいといった間柄でない場合には、2,000円〜5,000円が相場となっています。
金額に関しては「4」は「死」に通じるということから、4という数字は使わないのがマナーとなります。
ゆえに、4,000円という金額は避けるようにします。

そのほかにも6は「無」、9は「苦」に通じますので、避けられる方が多いのが実際のところです。
 基本的に自分より目上の人に現金を渡すことはタブーとされていますので、職場の上司などのお見舞いは、品物や果物などを渡すようにしましょう。
お花を選ぶ場合には、鉢植えはNGとなります。
「根がつく」が「寝付く」に通じるために、お見舞いには縁起が悪いとされているからです。
また、ユリなどのニオイがきつい花や、告別式を連想させる菊や小菊、語呂が「死+苦」であるシクラメンなどは、NGの花となっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いのし袋へのお金の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いのし袋の中袋なし
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。