お見舞金 封筒 書き方

お見舞金の封筒のマナーや書き方

スポンサーリンク

 友人や親戚が病気や怪我で入院した場合、お見舞金を病院へ持参することがあります。
お花や果物などの品物を贈る場合もありますが、病院によっては生花は持ち込みが禁止になっているところもあります。
また、食べ物は病状によっては食事制限されていることもあるので注意が必要です。
事前に家族の確認が取れないときは、現金を贈るのが一般的とされています。
入院中は何かと出費がかさむものなので、家族にとっても現金はありがたいものです。
現金を贈る場合は、熨斗袋に入れて渡すのがマナーです。
熨斗袋にはさまざまな種類のものが販売されていますが、水引きの形などいくつかマナーがあります。
せっかくの心遣いもマナーを知らないと台無しになってしまうので、お見舞金を贈る基本的なマナーを知っておく必要があります。
お見舞金を入れる封筒は、熨斗が付いていない袋を選びます。
弔事はお見舞いなどでは熨斗は付けないのがマナーとされています。
しかし、地域によってこういった贈り物のマナーは異なることがあるので、その地域に合ったマナーを覚えておくといいでしょう。

スポンサーリンク

熨斗袋に使用される水引きには「結びきり」と「蝶結び」の2種類があります。
お見舞金には「二度と繰り返さない」を意味する「結びきり」の封筒を使います。
左端に赤い線の入ったお見舞い用のものが市販されていますので、それを購入しておけば間違いないでしょう。
急いでいて手元にないときは、白い無地の封筒でもかまいません。
表書きの書き方は、上段の中央に縦書きで「お見舞」もしくは「御見舞」と書きます。
その際ボールペンは使わず、筆や筆ペンを使用して記入しましょう。
下段には自分の名前を「御見舞」よりも少し小さめな字でフルネームで書きます。
中包みの書き方は、まず表の中央に金額を書きます。
その際「金壱萬円」と旧字体で書くのが正式なマナーですが、「金一万円」と略式で書いてもかまいません。
裏側の書き方は、左下に小さめの字で住所と氏名を縦書きで書きます。
郵便番号も記入しておくといいでしょう。
お札は新札ではなく、ある程度きれいめなお札を準備します。
新札の場合は一度折り目をつけてから使用すればいいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い封筒の、金額の書き方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い品をお金で渡す場合 封筒の書き方 中袋の使い方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い用封筒の名前の書き方とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金の適切な金額と封筒の書き方のマナー
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
御見舞金(御見舞い金)の封筒の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金(お見舞金)の封筒と名前について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。