お見舞金(お見舞い金) 封筒 書き方 連名

お見舞金(お見舞い金)の連名の際の封筒の書き方

スポンサーリンク

 会社の同僚や知人や友人がケガや病気で入院をしなければいけなくなるということがあります。
このようなときには知り合いと一緒にお見舞いに行こうと考えている人がいます。
ここでは基本的なマナーとしてお見舞金(お見舞い金)を持って行くのが当たり前となっています。
お見舞金(お見舞い金)に関しては、金額の相場や地域による特徴がいくつかあります。
また複数でお見舞金(お見舞い金)を用意するときには、世話役となってそれぞれから集めたお金を封筒の中に入れて、代表者としてお見舞いに行くという形になっています。
このときに気になるのが封筒の書き方になります。
封筒の書き方に関しては、お金を用意した人すべての名前を書くと考えている人がいますが、人数が多くなると連名をすることが難しくなってしまいます。
封筒の書き方としては上の部分に御見舞と書くようになっていますが、その下にたくさんの人の名前を書くことは少し難しくなっています。

スポンサーリンク

連名にすればいいと考えている人がいますが、ここでは3人までは表に書くようにします。
しかしそれ以上の場合には連名にすることはできません。
一般的に3人までは封筒の表に連名記入をする形となっています。
この時に同僚や友人ということになれば、五十音順に右側から名前を書いていきます。
しかし上司や目上の人と一緒にお金を包むという場合には、格上の人を一番右側に書くようにします。
4人以上になった場合には、のし袋を使う際に表に代表者の名前を書きます。
そして他の人は内袋の裏側の左下に連名で書くようにします。
封筒を使う場合には代表者の名前に関してはのし袋と同じ考え方です。
残りの人に関しては、他に紙を用意してそこに書いて同封するようにします。
最近ではこのようなのし袋が身近に販売されるようになっています。
コンビニエンスストアでも購入することができます。
仕事の取引先の人や、お得意さんというような場合には、お見舞いの際にはしっかりとしたものを用意するようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

連名でお見舞い金を包む時の封筒の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。