お見舞金 封筒 書き方 金額

お見舞金の適切な金額と封筒の書き方のマナー

スポンサーリンク

 自分にとって身近な人が病気や怪我で入院しお見舞いに行く際には、手ぶらではなく、花や食品などのお見舞い品やお見舞金を持参する方が多いです。
お見舞い金の金額には、特に決まりはありませんが、付き合いの浅い関係の方に、多額のお見舞金を渡してしまうと入院中の相手をかえって困らせてしまう事があるので注意が必要です。
一般的に、お見舞金の相場は、親、兄弟、祖父母、孫、親戚に対しては、5000円〜10000円、友人や知人、近所の方、仕事関係の方に対しては3000円〜5000円程度とされています。
相場を参考にしながら、渡す前に、受け取る側の立場になって考えてみる事が大切です。
お見舞い金には、半分から3分の1程度のお返しをするのが一般的で、お返しの負担も考慮しなければなりません。
また、お見舞金にふさわしくない数字である4、6、9が付く金額を包む事はタブーとされています。
これらは、死や無や苦を連想させる数字であり、病床の相手を傷つけてしまいます。

スポンサーリンク

金額が決定したら、お見舞金を包む作業に入ります。
ここでも、包み方や封筒の書き方についてのマナーがあるので、くわしく説明します。
お見舞金は、そもそも病気や事故等の不幸にあった方に渡すお金なので、不幸が二度と訪れない様にという意味を込めて、紅白の結びきりの祝儀袋や白封筒を使用します。
不幸だからといって、不祝儀袋を使ったり、水引きが蝶々結びの祝儀袋を使う事はタブーとされています。
また、右上に折形と呼ばれるのしがついている祝儀袋も、のしに引き伸ばすという意味がある為、避けた方が無難です。
表書きの書き方ですが、筆ペンなどで、お見舞いか御見舞と書きます。
最近では、元々、表書きが印字されている封筒もあるので便利です。
続いて、中袋の書き方ですが、表面の中央に金額を縦に、裏面の左側に住所を縦に書くのが一般的です。
金額は、普通の漢数字を使って書いて大丈夫ですが、最後に也(なり)は付けないようにします。
表書きや金額を書き終えたら、お金を表面を上にして中袋に入れます。
お金は新札である必要はありませんが、しわしわのものや汚れが激しいものは避けないといけません。
最後に、祝儀袋を裏に向け、病気や怪我が快方へ向かいますようにという願いを込めて、上側が内側になるように折り重ねて完成です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い封筒の、金額の書き方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い品をお金で渡す場合 封筒の書き方 中袋の使い方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い用封筒の名前の書き方とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金の封筒のマナーや書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
御見舞金(御見舞い金)の封筒の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金(お見舞金)の封筒と名前について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。