お見舞金 封筒 裏

お見舞金の封筒の裏について

スポンサーリンク

 お見舞いに行くときには、手みやげやお金を包んで持って行くということが行われています。
このお金に関しては、早くよくなって欲しいという気持ちが込められています。
したがって必ずしも高い金額でなければいけないということはありません。
気持ちがしっかりと込められているということが必要になります。
しかしどのくらいのお金を用意すればいいのかわからないという人がいるので、相場が設けられています。
お見舞金を持って行くときには、封筒を用意しなければいけません。
この封筒に関してはしっかりとマナーがあるので、それを把握しておくようにします。
ケガや病気の場合には、お見舞金を入れた封筒の表書きは、御見舞や祈御快気と書くようにします。
封筒の表側の上の部分に筆ペンで書くようにします。
会社の同僚と一緒に用意をする場合には数名となるので、表側に代表者の名前を書くようにします。
そして左側に残りの人の名前を書くようにします。
これが一般的となっています。

スポンサーリンク

お見舞金を入れるときに封筒を使いますが、基本的に折はしに赤いラインが入った専用のものを使うようにします。
無地のものでも構いません。
水引はかけないようになっていますが、かける場合には紅白の水引をかけるようにします。
気になるのが裏側に関してです。
裏側に関しては、折り重ね方があります。
この時の裏側の折り重ね方に関しては、上側を内側に折り重ねるようにします。
それはなぜなのかというと、下から上に折るという方法は、上昇を意味するからです。
すなわち病気やケガが早く治るようにという願いが込められていると判断されるようになっています。
最近では専用の封筒がたくさん販売されています。
市販のものを使うという人が多くなっていますが、表に御見舞と印刷されているものも見かけます。
このように印刷された袋を使うときには、袋の下の部分に自分の姓名を記入するようにします。
中袋が入っているものと入っていないものがありますが、入っているものを選ぶようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いのマナー 金額の相場は 封筒の表書き・裏書きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い封筒の裏書きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金(見舞金)の封筒の裏書きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い時の封筒、表書きの書き方と裏側
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。