御見舞金(御見舞い金) 封筒 書き方

御見舞金(御見舞い金)の封筒の書き方

スポンサーリンク

御見舞金(御見舞い金)を贈ることになったとき、封筒の書き方が間違っていて、逆に失礼をしてしまう…ということは避けたいですよね。
相手にしっかり気持ちを伝えるためにも、ここでは御見舞金(御見舞い金)の封筒の書き方について説明いたします。
まず基本として、文字は丁寧に書きましょう。
毛筆を使って楷書で書くのが正式ですが、難しい場合は筆ペンでも構いません。
ボールペンや万年筆、鉛筆の使用は避けてください。
表書きの上段は、御見舞金(御見舞い金)の種類によって異なります。
・病気・怪我の御見舞「御見舞」「お伺い」「祈御全快」・火災の御見舞「出火御見舞」「御見舞」・他の家からの出火に巻き込まれた場合の御見舞「類焼御見舞」「御見舞」・風水害や地震など災害の御見舞「災害御見舞」「御見舞」・陣中見舞「陣中見舞」「祈御健闘」「祈念必勝」・楽屋御見舞「楽屋見舞」なお、上記「御見舞」とあるものは「御見舞い」「お見舞」「お見舞い」という表記でも構いません。

スポンサーリンク

封筒表書きの下段には、自分のフルネームを書きます。
上段の名目よりも少し小さ目の字で書くとよいです。
会社名入りの場合は、中央にフルネームを書き、その右にさらに小さい字で会社名を記載します。
連名で出す場合はそれぞれの名前を記載します。
右から左へ向かって格上となります。
友人同士の場合は五十音順です。
一家で出す場合は世帯主のフルネームを中央に書き、妻や子は名字なしで名前のみを世帯主の左に書きます。
4名以上の連名の場合は、代表者のフルネームを書いた左に「他一同」または「外一同」と書き、送り主全員の名前は別紙に書いて中包みに同封します。
また、封筒の中包み(中袋)の書き方についても説明します。
まず表側の中央に封入した金額を記載します。
正式には旧漢字で「金壱萬圓(円)」と書くのがよいですが、「金一万円」でも構いません。
中包みの裏側には、左に寄せて自分の住所を記載します。
表裏いずれも縦書きです。
もし住所や金額を書く欄が予め印刷されているものでしたら、それにしたがって記載してください。
以上、御見舞金(御見舞い金)の封筒の書き方について説明いたしました。
とっさのときに困らないよう、是非覚えておいてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い封筒の、金額の書き方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い品をお金で渡す場合 封筒の書き方 中袋の使い方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い用封筒の名前の書き方とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金の封筒のマナーや書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金の適切な金額と封筒の書き方のマナー
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金(お見舞金)の封筒と名前について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。