お見舞い金 封筒 書き方 会社

会社のお見舞い金封筒の書き方について

スポンサーリンク

 お見舞い金を用意するときには封筒を準備する必要があります。
この時には一定のマナーがありますが、一般とは異なり会社関係の場合には少し注意をしなければいけません。
自分の働く会社のお世話になっている人が入院をしたという場合には、お見舞いを行う際には注意が必要になります。
具体的にはお見舞い金を包むための封筒の書き方に関しては、普通とは異なっています。
数人の会社の場合には、代表者を中心に書いて、他の人は連名として社員全員の名前を書くようになっています。
しかしこの人数が数十人というような場合には、封筒に書く場所がなくなってしまいます。
また受け取る側もいい気分にはなりません。
しかし会社からのお見舞い金を用意して気持ちを伝えておきたいというのは変わりません。
そこで最適な書き方としては、会社社員一同というような方法を行います。
これで書くスペースが狭くても、全員分の早く回復して欲しいという気持ちをしっかりと伝えることができます。

スポンサーリンク

また封筒もシンプルにまとめることができるので非常にすっきりとします。
封筒の書き方に注意をするだけで、お見舞いもよい気分で受け取ってもらえたり悪い気分にさせてしまうということがあります。
働いている会社の上司を心配するためのお見舞いということになるので、ここには最大限の注意をしなければいけません。
人数が少ないところも中にはありますが、この場合は全員分の名前を書く方がより気持ちが伝わります。
社員それぞれの顔を思い浮かべながら受け取ってもらうことができます。
上司であるということで、決して失礼がないようにするということが基本です。
また同時に相手の気持ちのことを考えて、記入方法をしっかりと確認するということが大切です。
しっかりと気持ちを伝えることができれば、その後の印象もよくなります。
また実際にお見舞いに行くときには、代表者が入院先や自宅を訪れるというような形となっています。
そして直接渡すようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

会社の同僚と渡すお見舞い封筒の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。