お見舞い金(お見舞金) 封筒 名前

お見舞い金(お見舞金)の封筒と名前について

スポンサーリンク

 友人や知人が病気やケガなどで入院をするということがあります。
この時には症状が回復したり落ち着いてきたということであれば、お見舞に行くというのが一般的となっています。
しかしこの時に手ぶらで行くということはありません。
お見舞い金(お見舞金)を持って行くというのが一般的となっています。
このお見舞い金(お見舞金)を持って行くときに気になるのが金額や封筒に名前を書く方法です。
お見舞い金(お見舞金)の封筒を書くときには、まず表にどのようなことを書くのかわからないという人がいます。
これはしっかりと覚えておく必要があります。
お見舞金の封筒の書き方に関しては、御見舞と書かれた下の部分に自分の名前を書くようにします。
ここで複数の人の名前を書かなければいけないということがありますが、連名の場合は3人までの場合、右から名前を封筒に書くようにします。
しかし4人以上で書くことができないという場合には、封筒の表に代表者の名前だけ書くようにします。

スポンサーリンク

他の人の名前はどこに書けばいいのかというと、全員のものを書いた別の神を、封筒の中に入れておくようにします。
これで中を確認したときにわかるようになっています。
実際にお見舞金に関しては、専用の左に赤い線が入ったものが使われることが多くなっています。
しかし祝儀袋でも問題はありません。
そのなかで注意をしなければいけないことがあります。
祝儀袋であれば何でもいいということではありません。
祝儀袋には2つの種類があります。
それは結び切りと蝶結びといわれるものです。
これは使い分けられるようになっています。
結び切りは一度結ぶとほどくことができないということで、結婚祝いなど一度でいいものに使われるようになっています。
蝶結びは何度でも結び治すことができます。
したがって出産祝いなど何度あってもいいというようなときに使われています。
したがって御見舞の際に使われるのは結び切りということになります。
またのしが付けられているようなものは使わないようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い封筒の、金額の書き方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い品をお金で渡す場合 封筒の書き方 中袋の使い方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い用封筒の名前の書き方とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金の封筒のマナーや書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金の適切な金額と封筒の書き方のマナー
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
御見舞金(御見舞い金)の封筒の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。