お見舞金 封筒 ペン

お見舞金を入れる封筒に文字を書くときはどのペンを使うのか

スポンサーリンク

 お見舞金を人に渡す時に困るのが宛名の書き方や封筒の選び方です。
まず、お見舞金を入れる封筒に関しては、基本的には結び切りという、お祝い事に使用するような丸い結び目のものではなく玉結びになっているものを選びます。
この理由に関しては、やはり入院はあまり良くないことであるので、繰り返し起こらないようにと言う意味合いがあります。
そうではありますが、出産などおめでたいことでのお見舞金はこちらを選ぶと無礼にあたる場合もあり、やはりおめでたいことは繰り返し起こってほしいという願いも込めて何度でも結ぶことの出来る蝶結びを選ぶと良いでしょう。
また、封筒に関しては、水引きのついていないものを選ぶことも多いです。
お金の入れ方に関しては顔のある方が上などといったルールは特にありませんが、新札・旧札どちらを使うにも関係なく、折り目のついたものを入れましょう。
折り目のついていないきれいなお札は楽しみにしていましたなどと言う意味合いがあり、このような場合は相手方にとても失礼に当たります。

スポンサーリンク

それでは、封筒に字を書く際に使用するペンは何を選べば良いのでしょうか。
これに関しては、基本的には筆ペンです。
そうではありますが、筆ペンを持っていないと言う人も近頃の若い人には多いです。
筆ペンは文房具屋さんで500円程度で購入することが出来るので、このような時のために1本家に置いておくと便利です。
そうではありますが、筆ペンが無い場合はフェルトペンなどでも問題ありません。
それでは、宛名の書き方ですが、基本的には「御見舞」で問題ありません。
その下に自分の名前をフルネームで書くようにしましょう。
そしてもう一つ書かなくてはいけないのが中包みですが、こちらに関しては、表は中に包んである金額を記載するだけです。
「金一万円」というように記載しておきましょう。
そして、この中包みの裏に、いつも封筒に自分の住所を書くように縦書きで郵便番号、住所、電話番号、自分の名前を書いて入れておきましょう。
以上がお見舞金の封筒の書き方です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いの封筒のペンでの書き方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。