お見舞い金(見舞金) 封筒 裏書

お見舞い金(見舞金)の封筒の裏書きについて

スポンサーリンク

 急な入院の知らせを聞くということがあります。
これが知人や友人や会社関係ということになれば非常に心配になってしまいます。
また症状が落ち着いたという場合には、お見舞いに行く必要があります。
この時には一定のマナーがあるので、それをしっかりと理解しておく必要があります。
急に病院に行くことが決まった場合でも、マナーをしっかりと身につけておくことで心配することがありません。
大切な人のお見舞いに行くときに、お金を少し包んで持っていくということが行われています。
これはお見舞い金(見舞金)といいます。
お見舞い金(見舞金)に関しては決められているということはありません。
お見舞い金(見舞金)に関しては地域によって慣習などがあるので、それをしっかりと確認しておくということが必要になります。
このときに気になるのは金額だけではなく封筒の書き方になります。
封筒の裏側の書き方に関しては、意外と知らない人が多くなっています。

スポンサーリンク

これは日本の伝統的な礼儀作法となっています。
礼儀作法には決められたことがありますが、他の
人の前で恥ずかしい思いをしないためにも、しっかりと身につけておく必要があります。
そのなかでとくに注意をしなければいけないのは表書と裏書きになります。
表面に関してはシンプルな書き方をすることで大きな問題はありません。
しかし裏書きに関しては、少しこだわりを見せなければいけないこともあります。
内容だけではなく文字の一つ一つに関しても印象が異なってくるので、しっかりと覚えておくようにします。
お見舞いの封筒に関しては、中袋が用意されているものが多くなっています。
したがって裏書きの文を中袋に記入するということが行われています。
書き方に関しては、金額は表の中央部分に書きます。
裏側には左側に住所と氏名を書くようにします。
この時にあまり自分の情報を強調しすぎないようにします。
できるだけ小さめの文字で書くというのがポイントとなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いのマナー 金額の相場は 封筒の表書き・裏書きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い封筒の裏書きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金の封筒の裏について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い時の封筒、表書きの書き方と裏側
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。