お見舞い 金額 兄弟

兄弟へのお見舞いの金額の相場

スポンサーリンク

 親や兄弟が入院した時のお見舞いの金額の相場は、1万円が相場であり、非常に親密な兄弟の場合には、3万円包む場合もあります。
入院すると入院費用や入院に必要な物の購入費用など、なにかと出費がかさみますので、特に兄弟の場合には、親しい間柄であるからこそ、品物よりも現金を包んだ方が喜ばれる傾向にあります。
お見舞い金を渡す際には、「何がいいのか迷ったけれど、これで食べたいもの買って食べてね」などと言葉かけするとスマートです。
 また、お見舞いの品物を選ぶ際にも、兄弟であれば何が欲しいのか直接確認されることをおすすめします。
前述しましたように、金額の相場は1万円となるのですが、年齢によっても異なります。
渡す側がまだ若かったり、大学生であるような場合には、金額は5,000円でも大丈夫です。
ただし、渡す金額は、4は「死」、6は「無」、9は「苦」を連想しますので、4・6・9の金額を避けるのがマナーとなります。
また、年上の人に現金でお見舞いを渡すのは失礼にあたるのですが、兄弟の場合にはかまいません。
 スポンサーリンク

 お見舞い金は、祝儀袋または白い無地の封筒に入れて贈るようにします。
封筒の表書きは、上側に「御見舞」または「お見舞」と書き、下側に上側の文字よりも少し小さめに名前を書きます。
最近では、「御見舞」と印刷された封筒も販売されています。
祝儀袋の水引は、紅白の結び切りを選ぶようにします。
病気は二度とあってはならないことなので、繰り返さない、断ち切るという縁起を担いで結び切りを使用します。
 何度でも結び直しができる蝶結びの水引は、不幸を繰り返すという意味になってしまいますので、使用することはNGとなります。
慶事ではないのに紅白を使うということに抵抗を感じる方もいらっしゃいますが、回復してよかったという意味が込められています。

間違っても不祝儀袋で、お見舞い金を渡すことはしないように注意しましょう。
中に入れるお札は、なるべく新札は避けるようにします。
新札の場合には、前もって準備していたと、相手に不快感を与えてしまう場合があるからです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加