入院 お見舞い金(御見舞い金) 入れ方

入院時の、お見舞い金(御見舞い金)の入れ方とは

スポンサーリンク

 基本的には親戚以上の方か、非常に親しい間柄の方へ、「早く良くなって下さい」という気持ちを届けるために贈るものです。
相手の好むお見舞いの品が分からなかった時などに有効でしょう。
しかし金額によっては、時には相手を困らせてしまうことにもなりかねません。
ですので、入院の際のお見舞金にも、相場があることを知っておくと良いでしょう。
親兄妹、祖父母、親戚、孫などには、5000〜10000円くらいが妥当と言えます。
次に友人に対しては3000〜5000円程度、仕事関係や近所の方に対しては3000円程度が妥当な金額とされています。
その中でも入れ方として、気を付けるべきことがあります。
それはタブーとされている数字を避けることです。
4、6、9などという、死無苦を連想させてしまうお見舞い金(御見舞い金)の額は絶対に贈ってはいけません。

スポンサーリンク

実際に入院している方にお見舞い金(御見舞い金)を渡す際には、もちろんそのまま渡してはいけません。
きちんとマナーに則った入れ方というものがあるのです。
必ず祝儀袋を使うようにしましょう。
熨斗については決まってはいないのですが、出来る限り付けた方が良いでしょう。
そして、病気が二度と襲ってこないようにという願いを込めて、紅白の結びきりを使います。
祝儀袋ではちょっと気が引ける……という方でも、必ず白い封筒を使うようにしましょう。
不祝儀袋は、決して使ってはいけません。
そして肝心の中に入れるお札ですが、シワシワになっているものや、極度に折りジワが付いているようなものは、避けた方が良いでしょう。
しかし新札である必要はありませんので、自分のお財布の中に入っている内で比較的綺麗なものを選んで入れると良いでしょう。
実際に入院をしている方に渡す際には、相手の負担にならないタイミングを持って渡すことも、マナーの一つに含まれます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

入院している方にお見舞い金を渡す際のお金の入れ方などのマナー
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの封筒の入れ方や向きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いのマナーとお見舞金(お見舞い金)の封筒への入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金を入れる封筒やお金の入れ方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。