お見舞い 封筒 お金の入れ方

お見舞いに行く時の封筒の選び方とお金の入れ方

スポンサーリンク

 親戚や友人の人が入院した時に、お見舞いをします。
お見舞いに行くときに、お金か品物かどちらを送ろうか迷いますが、多くの人はお金を送ります。
お金を送った方が先方で自由に使ってもらえるようにと配慮して、お金を送ることが一般的です。
お見舞いの封筒を選ぶ時、祝儀袋か白地の無地封筒を使います。
水引のついている物を選ぶ時は、出産祝いの水引は蝶結びの物を、病気見舞いの時は紅白の結び切の物を選びます。
お見舞いに紅白の結び切をつけるのは、意見が分かれますが、基本的には付けた方か良いです。
病気が二度と訪れないようにとの願いを込めて紅白の結び切を使います。
どうしても抵抗のある人は、白地の物でも良いです。
封筒の上には、出産の時のお見舞いの場合は「出産祝い」と書いて、病気入院の時は「御見舞い」と書いて、下には自分の名前を書きます。
中袋がある場合は、表に金額を書いて、裏に名前と住所を書きます。
ない場合には、表包の裏側に金額を書きます。

スポンサーリンク

封筒に入れる時のお金の入れ方ですが、お札の向きを必ず揃えて入れます。
受け取った人が気持ちよく受け取ることができる為のこころ配りなので、気をつけます。
お金の入れ方で注意が必要なのは、お金を封筒に入れる時は、お金を表向きにして入れます。
裏向きでお金を入れるのは、お葬式などの香典の時に裏向きで入れるので、縁起が悪く、間違って入れたら失礼なことです。
もらった相手が気分を害してしまわないように、お金の入れ方は確認して入れることが重要です。
中に入れるお金も、出来れば新札が良いのですが、必ずしも新札にこだわらなくても綺麗めなお札を用意できればそれを使います。
お金を入れたら、封筒の上包みの裏側を閉じた時に下側の折り返しが上にくるように蓋をします。
これは、病気が快方へ向かうようにとの願いも込めて上にくるように蓋をするのが正しいお金の入れ方です。
お見舞いに行くときは、相手の負担にならないように短い時間で済ませることも大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

御見舞に持っていく封筒選びポイントまとめ
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金を入れる封筒の水引の選び方は
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。