お見舞いの中袋の入れ方について

スポンサーリンク

お見舞いに行くときには、その気持ちを伝えるためにお金を用意するようになっています。
この時にはどのような方法で準備をしなければいけないのかわからないという人が少なくありません。
したがってあらかじめマナーをしっかりと理解しておきことが必要になります。
現在ではお見舞い袋というものが市販されていますが、そのなかで中袋のある商品とない商品があります。
そこで気になるのがお金の入れ方や文字の書き方となります。
中袋の封筒に関しては、表の中央に金額を書くようにします。
裏側に関しては、少し小さな文字で書くようにするというのが一般的です。
お見舞い袋では、自分の情報をあまり主張しすぎるのはいけないと考えられているからです。
親しい友人へのお見舞いの際には、住所は省略されることがあります。
中の袋がないという場合には、金額を裏面に書いたり書かないという方法があります。
市販の袋にお見舞いの文字が印刷されていないという場合には、のし袋の上の部分に、直接記入するようにします。

スポンサーリンク

またお金に新札を使うということがありますが、この時の入れ方に関しては次のようになっています。
お札に関しては新札やそれに近いものを用意するようにします。
しわしわになっていたり折り目がついているというようなものは避けるようにします。
金額に関しては、相手との関係を考えて用意するようにします。
金額が多すぎても少なすぎても失礼になってしまうということを忘れないようにします。
わからないという場合には、詳しい人に相談をするというのも一つの方法です。
入院の見舞金を何に入れるかに関しては、市販の袋を使うようにします。
中袋がついている場合にはそのなかに入れるようにします。
お札の向きは、はっきりとした決まりはありません。
しかし入れ方としては、お札の肖像がある方を表向きに、肖像が下になるように入れるのが一般的となっています。
渡す時期に関しては、面会をして挨拶をしてからとなります。
封筒の裏の下の部分に必ず金額を書くようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いの金額と中袋の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い(御見舞い)封筒や中袋の書き方と連名で渡す場合の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの中袋と封について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
中袋のないお見舞い封筒の使い方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの中袋ののりについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い(御見舞)の中袋なしの金額の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。