お見舞い 中袋の書き方 金額

お見舞いの金額と中袋の書き方

スポンサーリンク

 知人や親戚、友人が病気や事故などで入院してしまった時、すぐにでもお見舞いに行きたいと思ってしまいますが入院されている方の心情や病気・けがの具合によっては直接病室へ尋ねて行くのは失礼にあたります。
まずはご家族に容態を伺ってから考えることにして、とりあえずはお見舞金を準備して本人またはご家族、あるいはナースセンターにお渡しするのがベストです。
お見舞金といっても金額がいくらかわからない場合、一般的な相場があり、親しい親戚、お世話になっている方には1万円、親兄弟・祖父母・孫・親戚・親しい友人・知人は5千円、友人・知人・ご近所の方は3千円程度といわれています。
お見舞金を入れる封筒は左側に赤い線の入ったお見舞い専用の袋を使用します。
急で手持ちがなかった際は白い封筒でも大丈夫ですが二重封筒は繰り返しを意味するので避けてください。
表書きには「御見舞」「祈御快復」などと書き中袋の書き方にもマナーがあります。
間違っても蝶結びのご祝儀袋や水引に入れてしまわないよう注意が必要です。

スポンサーリンク

お見舞金には新札かそれに近い物を用意し、お札の向きは肖像画がある方を表向きで肖像画が下に向くように入れます。
中袋の書き方は受け取った相手が誰にいくらもらったのかがわかるように金額と名前を書いておきます。
中袋が無い場合は封筒の裏の下部に金額と名前を書くようにします。
中袋の書き方としては表中央に金額を裏には名前と住所を書きます。
お見舞いの封筒の折り方にも礼儀があり折り重ねは上の折りを内側にし下から見ると下を後ろから折る形になります。
これは相手に早く快方に向かってほしいという気持ちをこめた表現法になります。
決して折り目の端に汚れや破れ、二重にならないよう気をつけて相手に不快感を与えないことを心がけます。
お見舞金やお見舞の品を持って行く時は病院の面会時間や検査時間を事前に確認にしてから伺い滞在時間も相手の負担や周囲の患者さんのことも考慮して15分くらいを目安にするとよいです。
花を持っていく時は鉢植えの花はタブーなので気を付けて選ぶようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いの中袋の入れ方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い(御見舞い)封筒や中袋の書き方と連名で渡す場合の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの中袋と封について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
中袋のないお見舞い封筒の使い方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの中袋ののりについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い(御見舞)の中袋なしの金額の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。