お見舞い 中袋 封

お見舞いの中袋と封について

スポンサーリンク

 最近では、冠婚葬祭などに関する袋に関しては、市販されているものが多くなっています。
自分で記入しなければいけないところが少なくなっているので、非常に便利となっています。
祝儀や不祝儀やお見舞いに関係なく市販されるようになっていますが、ここでお見舞い袋に関しては、中袋とという何も書かれていない白い封筒が入っていることがあります。
この封筒が入っていないこともあります。
実際にお金を入れるときには、この中袋を使うようにします。
この中袋に現金を入れるという形になっていますが、お金を入れた後には金額を表側の中央部分に書くようにします。
書き方がわからないという人がいますが、漢数字で金何万円というようにわかりやすいように書くというのが基本です。
この時に封をするのかが気になる人がいます。
封に関しては、他の封筒と同じように糊で貼り付けて、貼り付けた部分に封というように書いておくといいです。
住所に関しては必ず記入しなければいけないということはありません。

スポンサーリンク

お金の入れ方に関してもマナーがあるというのを忘れないようにします。
お見舞い袋で中袋にお金を入れるということがありますが、ここにもマナーがあります。
お見舞い袋の場合には新札で入れるのが好ましいとされています。
中袋の表側に金額を縦書きにしますが、お札もそれと同じ方向に入れるようにします。
印刷された物画を上にして入れるようにします。
中袋にはどのような役割があるのかというと、これは外袋だけではお金を入れ忘れてしまうということがありますが、そのような問題が発生するのを防ぐことができるようになっています。
また最近ではのし袋の種類を選ぶことが難しいと感じている人がいます。
どこの地方にも習慣がありますが、これが正しいというようなものはないのです。
したがってここで大切なことは、市販されているお見舞いと印刷されたのし袋を使うようにします。
これで多くの場合間に合わせることができます。
また飾りのついた袋の方がいいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いの中袋の入れ方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの金額と中袋の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い(御見舞い)封筒や中袋の書き方と連名で渡す場合の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
中袋のないお見舞い封筒の使い方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの中袋ののりについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い(御見舞)の中袋なしの金額の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。