お見舞い 中袋 ない

中袋のないお見舞い封筒の使い方

スポンサーリンク

病気やけがなどで入院者がでると、お見舞いに行きます。
この時に、持参するものとして食べ物や現金などが挙げられます。
体調が早く良くなるためにも、健康的な食べ物を贈る方も多いです。
病院で有意義に過ごすために、本やCDなども良いです。
気分転換のために、お花も喜ばれます。
入院してる方に負担のならないものを選びます。
急な入院ほど、必要なものが多くなります。
このため、お見舞いとして有効なのが「現金」です。
これで、入院生活が便利になります。
あらかじめ、欲しいものを聞いておくと、金額の目安を把握できます。
病院での生活は、ティッシュやタオルなどを重宝します。
着替えも多く準備します。
入浴も不可能な方がいるので、ウェットティッシュも便利です。
このように、考えると入院生活は出費が多くなります。
現金を贈る時は、多めにすると良いと言われています。
必要なものを買うだけで良いので、ほんの気持ち程度で十分です。

現金を頂いた方に気を遣わせないのも大事です。

スポンサーリンク

現金を贈る時には、お見舞い封筒に現金を入れます。
感じの良い方法として、いくつか方法があります。
のし袋を利用します。
これがなければ、白い封筒でもかまいません。
封筒に「お見舞い」と印刷されてなければ、手書きで筆を利用して「お見舞い」と書きます。
その下に贈る人の名前を書きます。
そして、中袋がある封筒を準備します。
このほうが、丁寧な印象になります。
中袋がない時は、封筒の裏面に金額を書いても良いです。
この時は、住所や金額は書かなくても問題ありません。
中袋なしで、現金を贈る時は急な場合にした方が無難です。
目上の方やお世話になった方であれば、中袋がある封筒を利用します。
中袋は、お札を丁寧に扱えるので重宝します。
現金は、新札でなくても大丈夫です。
目立つ汚れやしわがないものを使用します。
入院は、緊急に起こりやすいので、普段からお見舞い用のお札を準備しておきます。

いざという時に、便利です。
白い封筒もこのような時に活躍するので、すぐに使えるように保管しておきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いの中袋の入れ方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの金額と中袋の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い(御見舞い)封筒や中袋の書き方と連名で渡す場合の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの中袋と封について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの中袋ののりについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い(御見舞)の中袋なしの金額の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。