お見舞い 中袋 のり

お見舞いの中袋ののりについて

スポンサーリンク

お見舞いのお金を用意するときには、たくさんの決まりがあるのでわからないという人が少なくありません。
しかしこの決まりをしっかりと理解しておかないと、相手に対して失礼になってしまうので注意が必要です。
わからないことがある場合には、詳しい人に確認をするという方法もあります。
また最近では参考書のようなものが販売されているので、それを見るという方法もあります。
お見舞い袋を用意するときに、中袋が付けられていることがあります。
このように中袋が付けられているときには、ここにお金を入れるようにします。
どのようなお金でもいいのかと考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。
基本的には新札を用意するという形になります。
しかし新札を用意することができない場合には、それに近いものを用意します。
この時にしわしわであったりシミがあるようなものは避けます。
お見舞い袋の中袋は、お金を入れ忘れるのを防ぐというような役割もあります。

スポンサーリンク

中袋にお金を入れる際にもマナーがあります。
したがってどのような向きで入れればいいということも決まっているのです。
一般的にはお見舞いの場合には金額を縦書きに書きますが、それと同じようにお札も入れるようにします。
中袋に現金を入れた後は、普通の封筒と同じように封をします。
セロハンテープなどを使うという人がいますが、できればのりでしっかりと封をするようにします。
のりで貼り付けた部分には、封という文字を書くとさらにいいです。
入院をしている人の所にはたくさんのお見舞いがあります。
したがって誰からどのくらいの金額をもらったのかということがわからなくなってしまう可能性もあります。
それを防ぐために、しっかりと中袋に金額を記入するというのがマナーとなります。
住所を書くところがありますが、親しい友人の場合には省略することもできます。
渡す前には最終確認として、お金がしっかりと入っているか、封筒はのり付けされているか、このほかに金額がしっかりと記入されているかを確認するようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いの中袋の入れ方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの金額と中袋の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い(御見舞い)封筒や中袋の書き方と連名で渡す場合の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの中袋と封について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
中袋のないお見舞い封筒の使い方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い(御見舞)の中袋なしの金額の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。