お見舞い のし袋 中袋なし

お見舞いのし袋の中袋なし

スポンサーリンク

 市販されているお見舞いのし袋には、中袋のあるタイプと中袋なしのタイプとが存在しています。
中袋には表中央に金額を書くようにするのですが、中袋なしの場合には、金額をのし袋の裏側に書くか、金額は書かなくてもかまいません。
中袋なしののし袋を買ってしまった場合には、白いキレイな紙で代用してもOKなのですが、金額が小さい時には中袋は不要です。
直接お金を入れてもかまいません。
 金額の記入については、「金〇萬円」「金〇千円」と書くようにします。
金額に「也」をつける方もいらっしゃいますが、「也」は10万円以上の大金につける文字となりますし、お見舞いの場合にはマナー違反となります。
 包む金額に決まりはありませんが、4は「死」、6は「無」、9は「苦」を連想させることから、縁起が悪い数字とされていますので避けるようにしましょう。
外国では13も不吉な数字とされて忌み嫌われていますので、場合によっては13も避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

 お見舞いののし袋に入れるお金は、新札でなくてもかまいません。
ピンピンのキレイな新札を入れた場合には、「前もって準備していたようだ」と相手が不快に思う場合もありますので、新札の場合には一度折り目をつけてから入れるようにしましょう。
新札ではなく旧札でかまわないのですが、汚れたり破れたお札やシワシワのお札はNGとなります。
また、使用するのし袋は、紅白の結び切りとなります。
 お見舞いに果物やお菓子を持って行く場合には、病状によっては食事制限がありますので、制限の有無を確認するようにし、なるべく日持ちがして、患者さんだけではなく付添いの家族も食べられるような、数が多く個別包装されたお菓子や果物が喜ばれます。
 また、入院が長引く場合には、患者さんは時間を持て余しているものです。
お見舞いという大袈裟なものではなく、雑誌や漫画などを差し入れるのも喜ばれます。
相手との関係が親密な場合には、欲しい物を直接聞いてみるというのも選択肢となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いのし袋へのお金の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いのし袋の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。