お見舞い 封筒 お金の向き

お見舞いを入れる封筒とお金の向き

スポンサーリンク

 入院している方のお見舞いに行く時に、お金を包んだことがない方は、戸惑ってしまうと思います。
特に病気や手術で入院している本人はもちろんですが、その方の家族にも失礼のないようにしなければなりません。
しかし、お金の金額や包み方、封筒の種類などをきちんと覚えておけば安心ですので、しっかり勉強しておきましょう。
お見舞いに持っていく時は裸の状態ではなく封筒を使います。
種類もちゃんと決まっており、祝儀袋を使うのが一般的といわれています。
お見舞いの場合、病気や怪我を二度としないようにという気持ちが込めて、紅白の結びきりを使いましょう。
紅白の結びきりがなかった場合は、白の無地の封筒でも構いませんが、二重封筒は避けるようにしてください。
二重は繰り返しを意味してしまうので、印象も悪くなってしまいます。
また、黒や灰色といった暗めの色の封筒を使うのは、少々縁起が悪い印象を与えてしまうので、やめておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

封筒が決まれば、次はお金の向きについて学びましょう。
お金の向きには特に「こうしなければならない」といった決まりごとはありませんが、一般的なのはお札の肖像がある方を表向きにして、入れておくのがよいとされています。
お札を何枚も入れている場合、お金の向きをすべて同じ向きにしておいた方が、見た目にもきれいです。
また、金額は家族や友人によって違うので、きちんとチェックしておきましょう。
そしてよくある疑問ですが、新札はお葬式と同じように準備していたと思われかねないので、新札は避けて、普通に使用しているお札を使ってください。
多少使用感があっても構いませんし、目立つ破れや汚れ、くしゃくしゃになった状態でなければ使っても大丈夫です。
逆に新札しかない時は、半分に折って折り目を付けてから包むようにしましょう。
お見舞いの包み方一つでも様々なルールやマナーがありますが、一つ一つ確認しながら準備すれば失敗しにくいので、頑張ってください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い封筒に入れるお札の向きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金を送るときの封筒の選び方やお札の向きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。