お見舞い 封筒 お札 向き

お見舞い封筒に入れるお札の向きについて

スポンサーリンク

 お見舞いに使うのは、紅白の結び切りののし袋あるいは白い無地封筒となります。
封筒の場合には、二重封筒はマナー違反となります。
重なる=繰り返すということで、縁起が良くないとされていますので、くれぐれも二重の封筒は使用しないように注意しましょう。
 お見舞い金を入れるお札の向きについては、明確な決まりはないのですが、一般的にはお札の肖像画が書いてある方を上向きで入れるようにします。
また、複数の場合には、お札の向きは揃えて入れるというのもマナーとなります。
入れるお札は、新札になるべく近いきれいなお札を用意しましょう。
シワだらけであったり、シミや破れているようなものはNGです。
 新札に関しては、避ける方が無難です。
不幸事の際にも同じ理由なのですが、事前に新札を用意していたというように受け取られる場合があるからです。
相手に不快感を与えないためにも、新札をお見舞い金として使う場合には、一度折り目をつけてから入れるようにしましょう。

スポンサーリンク

 お見舞い金の額については、相場を目安に常識的な金額を入れるようにしましょう。
ただし、4は「死」、6は「無」、9は「苦」に通じることから、4・6・9という数字はタブーとされています。
特にお見舞いの際には、4千円はNGとなります。
金額が多すぎても少なすぎても失礼にあたります。
金額が多すぎる場合には、快気祝いの際に相手に気を使わせることになってしまいますので注意しましょう。
 金額の相場については、親や兄弟、祖父母、親戚の場合には、5,000円〜10,000円が相場であり、知人・友人の場合には3,000円〜5,000円、仕事関係の場合には3,000円、ご近所の方の場合には3,000円〜5,000円が相場となっています。
見舞金に対しては、半分〜3分の1の金額相当分のお返しをするのが一般的となっていますので、受け取る側のお返しの負担を考慮して、あまり相手に気を使わせないためにこれらの相場となっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞いを入れる封筒とお金の向き
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金を送るときの封筒の選び方やお札の向きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。