お見舞い 封筒 包み方

お見舞い金を封筒に包むときの正しいの包み方

スポンサーリンク

 入院している人にお見舞い金を贈るとき、失礼のないよう、正しい包み方やマナーを知っておく必要があります。
まずは封筒に包む金額です。
お見舞い金の金額は入院している方との関係によっても変わってきますが、親や兄弟や親戚に贈る場合だと約5000円から10000円、友人や知人だと約3000円から5000円、仕事関係の人だと約3000円くらいが一般的です。
相手の負担になってしまわないように10000円以内にしておくのが普通です。
また、縁起が悪いとされている4、6、9を含む金額は好ましくないので注意しなければなりません。
また、お金を渡すときには封筒が必用です。
お見舞い金を包む場合は、祝儀袋か無地の白い封筒を選びます。
祝儀袋といっても、蝶結びや水引きのものは失礼になってしまうので、怪我や病気が再び起こらないようにという意味を込めた紅白の結びきりのものを使うようにすると良いです。
ただし、二重封筒は怪我や病気を繰り返してしまうことを意味するので注意が必要です。

スポンサーリンク

お見舞い金を封筒に包むときの包み方にはいくつかのマナーや注意点があります。
まずはじめに、相手が受け取った時に気持ちが良いと思われるように、お金の向きは上下、裏表を全て揃えて包むようにします。
また、お金は人物が印刷されている方を上にして表向きに入れます。
裏向きに入れてしまうとお葬式やお香典のときと同じになり、失礼にあたってしまうので気を付けなければなりません。
使用するお札はシワや汚れ、折り目が多くついているものはあまり良く思われません。
しかし新札を使うのもあまり好ましくありません。
新札を使ってしまうと、お葬式などと一緒で前から用意していたと思われてしまいます。
新札を使う場合は1回折目を付けてから入れるなど工夫が必要です。
普段から使っているお札でなるべくシワや汚れの少ないきれいなものを包みます。
そして、お金を入れた中包みをさらに表包みで包んで、それを袱紗に包むというのが本来のお見舞い金の正しい包み方です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い封筒の書き方や入れ方、閉じ方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金の金額記入や封筒について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの封筒に金額を書く
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。