お見舞い 封筒 閉じ方

お見舞い封筒の書き方や入れ方、閉じ方について

スポンサーリンク

 怪我や病気で入院してしまった身内の方や友人、同僚などにお見舞い金を持参する際に、封筒の書き方や入れ方にマナーがあることをご存知でしょうか。
今回はその際に役に立つマナーをご紹介します。
まずはじめに金額の相場ですが、身内なら一万円親しい友人なら5千円、職場の同僚なら3千円です。
そして現金をそのまま渡すのではなく、左側に赤い線が入っている熨斗袋、白無地の封筒に入れて手渡すのがマナーです。
水引は出産見舞いの場合蝶結びのものを、病気見舞いの場合紅白の結び切りのものを使います。
しかし病気や怪我などで水引付きの祝儀袋を使用することに抵抗がある方は水引なしの祝儀袋や白無地を選んでください。
当たり前のことですが、くれぐれも不祝儀袋だけは避けてください。
そして次ににお見舞い金の入れ方についてです。
お見舞い袋に現金んを入れる際は入れ方に決まりがあります。
お札の肖像を上にして表向きに入れます。
その際、現金は新札である必要はありませんがあまりシワの入っていないものを包みましょう。

スポンサーリンク

そして次に封筒の書き方です。
封筒の上部には「出産祝い」「御見舞」「祈御回復」「祈御全快」「御伺い」と筆ペンを使用し、記入してください。
その下に自身の姓名をフルネームで記入します。
封筒の裏の左下には金額を記入してください。
職場の関係者3から5人の連名で出す場合、代表者の氏名を下部の中央に、左側に小さく残りの人たちの氏名を記入してください。
10人以上の連名で出す場合は、内袋に記入するとスマートです。
最後にお見舞い封筒の折り方、閉じ方についてですが相手の方の病気や怪我が早く快方に向かうようにという意味合いの閉じ方で折るということがマナーです。
上部が下に重なるようにします。
こうすることで下が上向きになり、下から上に向かうように見えます。
この際、折り目は曲がらないようにまっすぐ折るようにしてください。
もし二重になってしまった場合は新しい袋を使用してください。
このような書き方、閉じ方などの細かいマナーを丁寧に行うことで、見舞う方へのあなたの気配りや気持ちを表現することができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い金を封筒に包むときの正しいの包み方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金の金額記入や封筒について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの封筒に金額を書く
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。