お見舞い 封筒 金額の書き方

お見舞い封筒の、金額の書き方について

スポンサーリンク

 お見舞い封筒の書き方には、マナーがあります。
 ここでは、封筒の金額の書き方をご紹介します。
市販されているお見舞い封筒には、封筒や折式タイプの中袋がついています。
どちらも、中袋の表中央に、縦書きで金額を書いていきます。
さて、書き方ですが、なるべく大字の漢字を用います。
最初に「金」と書き、少し間隔をあけます。
次に「金 〇萬円」と金額を続けます。
そして最後に「金 〇萬円也」と、「也」をつけます。
もし、中袋に金額を書く欄がありましたら、その欄に金額を記入しましょう。
さて、市販の袋には、中袋がない場合もあります。
その場合は、他の白い封筒を用意するか、外袋の裏に直接金額を書きます。
この場合、書かなくても差し支えはありません。
いずれも、ボールペンなどは使わず、毛筆や筆ペンを使用して、読みやすい丁寧な字で書きましょう。
字が上手でなくても、きちんと書かれた文字なら思いは伝わります。
贈る相手側に、気持ちよく受け取ってもらうことが、何より大切なのです。

スポンサーリンク

さて、金額は大字で書くとご紹介しましたが、なぜ大字で書くのかを詳しく説明します。
大字(だいじ)とは、漢数字の「一、二、三」などの代わりに用いる、「壱、弐、参」などの文字のことです。
これは、漢字の改ざんを防ぐためで、おもに法的な文章で使われています。
ですが、通常の漢数字「金 一万円」と書いても問題はありません。
もし大字が思い浮かばないときは、漢数字で書きましょう。
いずれにしても、文字を間違えて書かないことが、金額の書き方の大切なマナーです。
さて、もう一つ、金額の書き方で迷うものがあります。
金額の最後に「也」をつけるかどうかです。
也、をつけるのは円の下には銭や厘があり、円の後に金額を追加されないためです。
しかし、最近はつけないのが一般的になっています。
この、大字や也の使用については、様々な意見が交わされています。
ですが、一番大切なことは、贈る側の気持ちです。
最低限のマナーを守って、心のこもったお見舞いを届けましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い品をお金で渡す場合 封筒の書き方 中袋の使い方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い用封筒の名前の書き方とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金の封筒のマナーや書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞金の適切な金額と封筒の書き方のマナー
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
御見舞金(御見舞い金)の封筒の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金(お見舞金)の封筒と名前について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。