災害時の見舞金の相場とは

スポンサーリンク

知人や親類が災害にあったと知ったらまずは駆けつけてあげるのが一番です。
ですが仕事や家の都合もありますし、遠方であるなどそうはいかない場合もあります。
そのようなときには見舞金という形での援助がよいでしょう。
災害見舞金を送ったことやもらったことのある人はそこまで多くないので相場がわからないという人も少なくありません。
相場としては、親類ならば10000円から30000円ほど、仕事関係の人ならば3000円から5000円ほど、知人、友人ならば3000円から10000円ほどが相場です。
親類といっても兄弟や子どもなど非常に近しい親族で援助したい気持ちが強いならばもっと高額でも構いません。
これらの相場はあくまで目安であり、関係性に応じて金額を変えても問題ありません。
相手に負担にならず、気を使わせすぎないような金額にすることを意識しましょう。
また、目上の方に現金をおくるのは通常では失礼とされますが、災害見舞金としては失礼にはあたりません。

スポンサーリンク

 

災害見舞金を渡すときは、無地の白い封筒に入れて渡しましょう。
直接渡すときでも封筒に入れるのがマナーです。
このとき、熨斗などは不要です。
表には送り主の名前のみか、お見舞いという言葉と名前のみにします。
また、品物を送るときも熨斗は基本的に必要ありませんが、つけるとしたら白黒の結びきりの熨斗を使いましょう。
赤い色が使ってあるものは火を連想させ不吉なのでNGです。
品物をもっていくときはすぐに必要な日用品がよいでしょう。
新品のタオルや下着類と衣類、日持ちする食料などがおすすめです。
赤ちゃんのいる家庭ではオムツなどもよいでしょう。
こうした援助物資は重なってしまうこともあるので、送り先に一言聞いてから送るのがおすすめです。
また、品物をわたすときは災害後すぐがよいですが、見舞金を渡すときは少し落ち着いてからがよいでしょう。
また、渡しにいったときは立ち入ったことはあまりたずねないのがマナーです。
励ましの気持ちを伝え聞き役に回りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

災害お見舞いの封筒の選び方とお札の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞いの時に気にする金額の話題
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いののし袋やお金の入れ方は、情報取集が必要です
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害、お見舞い金の入れ方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞い作法とお札の向き
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞い金の渡し方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞い金は新札にすべきか
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害とお見舞い金、金額の相場、上司の場合
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞いのときの望ましい服装とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
同僚が災害にあったときのお見舞い
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害お見舞いと見舞金の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時、会社関連の見舞金の相場は同僚への相談などで把握できます
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いのお金の入れ方は、相談すると良いです
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いの封筒とお金の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害、お見舞いの渡し方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害見舞金、病気見舞い金の相場
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。