同僚が災害にあったときのお見舞い

スポンサーリンク

災害が起き、会社の同僚が被災してしまったときはどのような形でお見舞いするのがふさわしいのでしょうか。
災害が起きてしまったときには、その被災の程度にもよりますが片づけやがれきの処分など人手がいるものです。
そのため、比較的近郊に住んでおり、それなりに親しく時間がとれるようなら相手に聞いてから手伝いにいくとよいでしょう。
しかし同僚という間柄は親類や友人とは違い、それなりに距離がある関係性です。
そのため、手伝いに行くことに気が引けるという場合には現金や品物によるお見舞いがよいでしょう。
行くタイミングとしては、少し状況が落ち着いた頃合いがおすすめです。
被災直後だと一般車両が入れなかったりじゃまになることも多いですし、被災者も混乱とショックが大きいためです。
火事が起こったときは警察に事情を聞かれていることもあるため、恥をかかせてしまいます。
そのため、数日たってから被災者に行ってもいいかたずね、よいといわれたら行きましょう。

スポンサーリンク

 

お見舞いに現金をもっていくときの相場についてですが、同僚であるならば3000円から10000円ほどが相場です。
贈る側が20代ならば3000円から5000円ほど、30代ならば5000円から10000円ほど、40代ならば5000円から15000円ほどが相場となります。
若ければ無理をしない金額でかまいませんが、ある程度年齢が上であるならばその分少し金額を上乗せすると気持ちが伝わります。
封筒は白い無地のものがふさわしいです。
熨斗や水引は不要ですが、つけるならば白黒の結びきりのものがよいでしょう。
赤い色は火事を連想させ縁起がよくないので避けなければなりません。
品物を持参するときは、当座必要な寝具、衣類、食料や水、衛生用品などがおすすめです。
しかしもらいすぎても困るので、何が必要かをたずねてからもっていくのがよいです。
お見舞いが遅れてしまった場合には、品物よりも現金のほうが助かります。
災害時のお見舞いに対してはお返しは不要ですが、感謝の手紙や電話はするようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

災害お見舞いの封筒の選び方とお札の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞いの時に気にする金額の話題
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いののし袋やお金の入れ方は、情報取集が必要です
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害、お見舞い金の入れ方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞い作法とお札の向き
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞い金の渡し方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞い金は新札にすべきか
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時の見舞金の相場とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害とお見舞い金、金額の相場、上司の場合
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞いのときの望ましい服装とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害お見舞いと見舞金の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時、会社関連の見舞金の相場は同僚への相談などで把握できます
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いのお金の入れ方は、相談すると良いです
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いの封筒とお金の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害、お見舞いの渡し方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害見舞金、病気見舞い金の相場
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。