災害お見舞いと見舞金の入れ方

スポンサーリンク

日本は地震大国ですが、災害には台風や火災なども含まれます。
災害は、どんなときに起こるかわかりません。
災害をお見舞いする場合は、できるだけ早い方がいいでしょう。
災害見舞金の入れ方ですが、金額は相手との関係性によって違ってきます。
冠婚葬祭の場合の考え方と一緒です。
見舞金の相場ですが、被災したのが親戚の場合は2万円から3万円程度、友人や知人の場合は5千円から1万円程度、上司や同僚の場合は3千円から5千円、隣人や近所の場合も同じぐらいの額でよいでしょう。
見舞金の入れ方ですが、普通の白い封筒で、表書きとして地震の場合は「震災御見舞い」、台風の場合は「水害御見舞い」などと記入します。
火災の場合は、火元がどこかによって表書きが違ってくるようです。
火元がその人自身の場合には「火災御見舞い」、火元が他人による場合には「類焼御見舞い」、近所で火事が起こってそれに巻き込まれた場合には、「近火御見舞い」と記入します。

スポンサーリンク

 

現金以外に、物品で災害見舞いすることも可能です。
現金の場合のお見舞いの入れ方ですが、相場とは言っても、人によって渡す金額が難しい場合があるからです。
相場だからと言って、封筒に3千円だけ入れて渡すというのが、相手の気持ちを逆なでする場合もあるようです。
お金で渡すよりも、その人に必要なものを差し入れた方が、ずっと感謝されることが少なくありません。
災害が起こったときには、その人が必要な物を聞いて、要望に合ったものを差し入れしましょう。
何が必要かは、人により内容がかなり異なるため、たずねてみないとわかりません。
過去の震災では、被災地に必要でないものを勝手に送ってしまい、かなり問題になっていました。
必要のないものを送られても置く場所がなかったりすれば、送られた人が困るだけでしょう。
相手の状況がわかりませんから、言われた物を送るだけにしておいた方が賢明です。
特に食品などは腐りますから、日持ちするようなものを送るのが基本です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

災害お見舞いの封筒の選び方とお札の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞いの時に気にする金額の話題
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いののし袋やお金の入れ方は、情報取集が必要です
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害、お見舞い金の入れ方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞い作法とお札の向き
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞い金の渡し方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞い金は新札にすべきか
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時の見舞金の相場とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害とお見舞い金、金額の相場、上司の場合
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞いのときの望ましい服装とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
同僚が災害にあったときのお見舞い
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時、会社関連の見舞金の相場は同僚への相談などで把握できます
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いのお金の入れ方は、相談すると良いです
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いの封筒とお金の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害、お見舞いの渡し方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害見舞金、病気見舞い金の相場
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。