災害時のお見舞いの封筒とお金の入れ方

スポンサーリンク

最近、日本各地で地震や水害といった自然災害が多くなっており、避難所で生活したり日常生活に支障をきたす程の被害に遭ったことがあるという方も増えてきています。
そんな時に用意するのが災害お見舞いですが、ご存知でしょうか。
災害お見舞いには様々な種類があり、水害や地震のように自然災害だけでなく、火事などの人が起こす災害にも渡すことがあります。
被害に遭われた家族や親族、知り合いなどにお見舞いを渡す時、封筒やお金の入れ方など、他のお見舞いと同じくルールやマナーがあるので、今まで用意したことがないという方もきちんと覚えておくようにしましょう。
いざという時に封筒を用意して、お金の入れ方も覚えていなければ、早急に渡すことができません。
安否確認後に出来るだけ早く用意しておいた方がいいので、気を付けましょう。
また、災害の規模が大きい時は、お金よりも先にティッシュや缶詰といった生活必需品も用意しておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

 

お見舞いに使う封筒は、熨斗や水引のついていないもので、シンプルな白い封筒を使います。
表書きは渡す相手が受けた災害の内容によって違います。
特に火事の場合、出火元がどこかによって書き方も違ってくるので注意が必要です。
分からない場合は「お見舞い」とだけ書いておきましょう。
お金の入れ方ですが、お札の肖像画が一番上に来るように揃えて入れる方が好ましいと言われています。
封筒を開けてすぐに肖像画が見えるようにしておきましょう。
お札は新札ではなく、多少の使用感のあるものを使います。
新札は、「前から準備していた」と思われるなど、あまりいいものとされていないので、もしも新札しかない場合は折り目をつけてから入れるようにしましょう。
このお見舞いと渡す時は、相手も突然のことで慌ただく、マナー云々と文句をつける方は少ないのですが、中にはマナーにうるさく気にする方もいらっしゃいますので、基本的なことはおさえておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

災害お見舞いの封筒の選び方とお札の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞いの時に気にする金額の話題
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いののし袋やお金の入れ方は、情報取集が必要です
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害、お見舞い金の入れ方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞い作法とお札の向き
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞い金の渡し方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞い金は新札にすべきか
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時の見舞金の相場とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害とお見舞い金、金額の相場、上司の場合
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞いのときの望ましい服装とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
同僚が災害にあったときのお見舞い
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害お見舞いと見舞金の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時、会社関連の見舞金の相場は同僚への相談などで把握できます
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いのお金の入れ方は、相談すると良いです
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害、お見舞いの渡し方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害見舞金、病気見舞い金の相場
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。