災害、お見舞いの渡し方

スポンサーリンク

災害が起きて、身内あるいは友人がそれに巻き込まれたから、どうにか助けてあげたいと考える人は少なくありません。
 これは被災地に支援物資を送るという形で実現することが多いのですが、現金で済ませることもあります。
 しかし、お見舞いの渡し方について詳しく知らないという人は珍しくありません。
 では、災害時のお見舞いの渡し方に関するルールとは一体何かと言いますと、自分と相手の関係をまず見つめることです。
 これはその人物との関係によって支払う額、または渡しても構わない額が変わってくるからです。
 一般的に、親兄弟が相手の場合は、三万円、親しい友人だと五千円から一万円、仕事関係の知り合いや単なる友人であれば三千円から五千円だとされています。
 このため、親しい相手だからと、大金を包む必要はありません。
あまり金額が大きくなると、被災地にいる人でも気軽に受け取る事ができなくなります。
 そのため、あくまで支援したいという気持ちが感じられる額にしましょう。

スポンサーリンク

 

 災害に遭った人へのお見舞いの渡し方としては、被災地にいる本人と連絡を取り、そのリクエストに応えるというのもあります。
 これは食料や日常生活品など、現場で不足しているものをとにかく送るということを重視した格好です。
 これは災害初期に当てはまる話です。
現金であればとりあえず役に立つというイメージがありますが、地震などでインフラが徹底的に破壊されてしまうと、現金を持っていても必要とされる物資の購入が不可能、ということがあるからです。
 また、一般的に何かを送ってもらうと、その三分の一から半分程度のお返しをしなければなりませんが、被災地で苦しんでいる相手にそれを求めるのも酷な話です。
 しかし、品物ならば「お返しはいりません」と相手に告げても問題が起きないことが多いため、その点の問題もクリアできます。
 このように、災害時のお見舞いは、基本的には相手を思いやる気持ちがあれば充分なのですが、いろいろとルールがあるのが現状です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

災害お見舞いの封筒の選び方とお札の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞いの時に気にする金額の話題
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いののし袋やお金の入れ方は、情報取集が必要です
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害、お見舞い金の入れ方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞い作法とお札の向き
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞い金の渡し方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞い金は新札にすべきか
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時の見舞金の相場とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害とお見舞い金、金額の相場、上司の場合
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞いのときの望ましい服装とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
同僚が災害にあったときのお見舞い
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害お見舞いと見舞金の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時、会社関連の見舞金の相場は同僚への相談などで把握できます
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いのお金の入れ方は、相談すると良いです
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いの封筒とお金の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害見舞金、病気見舞い金の相場
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。