災害、お見舞い金の入れ方について

スポンサーリンク

お見舞い金とは、災害や事故などに見舞われた人に渡すお金です。
彼らを慰めるため、という意味があります。
 しかし、結婚式などに代表されるお祝い事ととは違い、無縁のまま過ごす人も珍しくないため、それに関する知識をさほど有していない、という人は珍しくありません。
 では、その相場は一体どうなっているのかと言いますと、親に兄弟、祖父母や叔父叔母といった親族だと一万円から三万円、親友や恩師といったつながりの深い相手で五千円から一万円、単なる知人や職場関係者だと三千円から五千円だとされています。
 なお、現金を剥き出しのままだとマナー違反に該当するため、渡す際は白い封筒か半紙に包むようにしましょう。
 お金の入れ方のポイントとしては、新札だとこのために準備したのかと相手に不快感を感じさせることがあるので、流通跡があるお札にしましょう。
 綺麗なものが見つからなければ、新札に折り目をつけるという手段があります。
何にしても相手が気持ちよく受け取れるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 災害のお見舞い金はどのタイミングで渡しに行けばよいのかと言えば、現地がある程度落ち着いてからとなります。
 地震や台風などが猛威を振るった後だと、現地に到着するのでさえ難儀なので、そこは考慮しておきましょう。
 このときのお金の入れ方としては、以前に自分がお見舞い金をもらったことがあると言うのなら、同額を包むという手段があります。
 これは相手に対するお返しであり気遣いです。
 また、他の人が送る額を確認するというのもあります。
これは地方によって微妙にルールが変わることもあるので、ピンと来ないのなら参考にするのもありなのです。
 なお、関係者一同の連名でお見舞い金を送るという方法もあります。
これならば受け取る側もバラバラにおかえしを送る手間が省けるため、歓迎される傾向にあります。
 このように、災害時のお見舞い金の入れ方についてもいろいろと決まりがあるため、注意が必要なのです。
 お互いに気持ちよく済ませられるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

災害お見舞いの封筒の選び方とお札の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞いの時に気にする金額の話題
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いののし袋やお金の入れ方は、情報取集が必要です
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞い作法とお札の向き
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞い金の渡し方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞い金は新札にすべきか
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時の見舞金の相場とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害とお見舞い金、金額の相場、上司の場合
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞いのときの望ましい服装とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
同僚が災害にあったときのお見舞い
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害お見舞いと見舞金の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時、会社関連の見舞金の相場は同僚への相談などで把握できます
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いのお金の入れ方は、相談すると良いです
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いの封筒とお金の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害、お見舞いの渡し方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害見舞金、病気見舞い金の相場
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。