災害時のお見舞い金の渡し方

スポンサーリンク

災害というのは、いつどこで起きるのか分からないものです。
これは結婚式のようなお祝い事とは違うため、話に聞いたことがあっても、お見舞い金を渡すときのルールがよく分からない、というのは珍しくありません。
 では、金額や渡し方にどのようなルールがあるのかと言いますと、親兄弟に祖父母、叔父叔母、いとこといった親族だと三万円、親友や学生時代の恩師、交際相手だと五千円から一万円、単なる知人や職場関係者だと三千円から五千円がその相場だとされています。
 これは被災地で苦しんでいる人に対する支援としては物足りないと感じる人もいますが、何十万円も包んだら、送られた方も困惑し、気軽に受け取ることができなくなります。
 あくまでこれは困っている人を助けたいという気持ちを表現するための手段、その一つだと考えるようにしましょう。
 なお、渡すタイミングとしては、災害が起きた直後に現地入りするのは難しいので、ある程度落ち着いてからにしましょう。

スポンサーリンク

 

 お見舞い金の渡し方としては、現金をそのまま渡すというのは、マナー違反に当たります。
そのため、白い封筒か半紙を用意するようにしましょう。
 このとき、表面に「災害お見舞い」と記しておくことも忘れないようにしましょう。
手紙を添えて、お返し無用だという旨をそこに記しておくのも大切です。
 会社ぐるみで被災地にお見舞い金を送ることになったというのであれば、決まった金額を徴収した後、代表者がそれを渡しに行くというスタイルを取るようにしましょう。
 被災地に大人数で押しかけたら先方の迷惑になるからです。
このとき、質問をすることはなるべく控え、用件を済ませたら早めに立ち去るようにしましょう。
 お見舞いをお金ではなく物品で送る場合は、相手と連絡を取り、何が欲しいのかを予め確認しましょう。
そうしておけば、被災地で苦しんでいる人の役に立てます。
 このように、お見舞いの渡し方にはいくつかのルールが存在します。
それを踏まえた上で行動しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

災害お見舞いの封筒の選び方とお札の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞いの時に気にする金額の話題
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いののし袋やお金の入れ方は、情報取集が必要です
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害、お見舞い金の入れ方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞い作法とお札の向き
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞い金は新札にすべきか
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時の見舞金の相場とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害とお見舞い金、金額の相場、上司の場合
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害のお見舞いのときの望ましい服装とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
同僚が災害にあったときのお見舞い
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害お見舞いと見舞金の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時、会社関連の見舞金の相場は同僚への相談などで把握できます
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いのお金の入れ方は、相談すると良いです
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害時のお見舞いの封筒とお金の入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害、お見舞いの渡し方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
災害見舞金、病気見舞い金の相場
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。