お見舞い 封筒 書き方 入れ方 マナー

お見舞い のし袋 お金の入れ方 書き方 中袋なし記事一覧

 お見舞いの際に現金を包むのし袋へのお金の入れ方については、はっきりとした決まりがあるわけではありません。一般的には、お札の肖像がある方を表向きで入れ、肖像がない側を下になるようにするのがベターだとされています。お金の入れ方は、のし袋を開けた時に、お札の人物が最初に見えるように入れるようにしましょう。また、お見舞い金を受け取った人が気持ちよく受け取れるための心配りとして、お金の向きをすべて合わせて...

 お見舞いを現金で渡す時には、のし袋を使用します。のし袋にはいろいろな種類があるのですが、お見舞いの場合には、病気やケガを2度と繰り返さないようにという願いを込めて、紅白の結び切りを使用するのがマナーとなります。のし袋には蝶結びもあるのですが、何度でも結び直せる蝶結びは、お見舞いには使用しません。また、のし袋を使わずに、白い封筒にお見舞金を入れてもかまいません。ただし、白封筒の場合には、二重封筒は...

 市販されているお見舞いのし袋には、中袋のあるタイプと中袋なしのタイプとが存在しています。中袋には表中央に金額を書くようにするのですが、中袋なしの場合には、金額をのし袋の裏側に書くか、金額は書かなくてもかまいません。中袋なしののし袋を買ってしまった場合には、白いキレイな紙で代用してもOKなのですが、金額が小さい時には中袋は不要です。直接お金を入れてもかまいません。 金額の記入については、「金〇萬円...