お見舞い 封筒 お金の入れ方

お見舞い金を入れる封筒やお金の入れ方について

スポンサーリンク

 お見舞いはまず渡す相手への励ましの気持ちがあることが前提です。
金額よりももちろん木本が大事ですが、マナー違反をして相手を不快な気持ちにさせてしまっては意味がないため注意しましょう。
まずお見舞い金を渡す場合には裸で渡さずに封筒に入れて渡しましょう。
利用する封筒は祝儀袋を使います。
お見舞いの場合には病気やけがが二度と訪れないようにという意味を込めて紅白の結びきりを使います。
お見舞い金を渡す際に祝儀袋を使うことに抵抗がある場合には白い封筒を使いましょう。
その場合は二重封筒は避けましょう。
二重は繰り返しと意味するためNGとされています。
祝儀袋や白い封筒の表に「御見舞」と「自分の名前」を書きましょう。
それからお金の入れ方についてははっきりとした決まりはありませんが一般的には肖像がある方を表も向きに入れ、お札の向きを揃えて入れるのがよいお金の入れ方とされています。
またお金の入れ方としては新札である必要はありません。
極端に使用感のあるものでなければ普段使いのもので問題ありません、新札だと事前に用意していたと思われる場合もあるためマナー的に新札を使う場合には一度折り目を付けてから使うのが一般的なお金の入れ方とされています。

スポンサーリンク

入院のお見舞いをする場合には最低限のマナーを守り相手に迷惑をかけたり不快感を与えたりしないようにしましょう。
お見舞いをする場合にはまず相手の状態を把握しましょう。
相手の状態によっては会えない場合もあります。
それからお見舞いを渡す場合には金額の相場を守りましょう。
お見舞い金の半額はお返しとして返すのが受け取った側のマナーとされているため、高額な金額を渡した場合にはかえって気を使わせてしまうため気を付けましょう。
また縁起が悪いとされている「4・6・9」の数字を含む金額を渡さないように注意しましょう。
それから使用する封筒は袋の端に赤いラインが入ったお見舞い用の封筒か白無地の封筒を使いましょう。
お金の入れ方としてはお札の向きをきちんと揃えて肖像画のある面を上にして入れるのが一般的なお金の入れ方です。
それからお金の入れ方のマナーとして注意することは新札を入れても問題はないのですが、事前に用意していたと思われてしまう場合もあるため新札を使う場合にはお札に折り目を入れて使いましょう。
極端な使用感がなければ普段使っているお金を使っても問題はありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

入院時の、お見舞い金(御見舞い金)の入れ方とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
入院している方にお見舞い金を渡す際のお金の入れ方などのマナー
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの封筒の入れ方や向きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いのマナーとお見舞金(お見舞い金)の封筒への入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。