お見舞い 金額 相場 上司

上司へのお見舞いの金額の相場について

スポンサーリンク

 職場の上司への入院お見舞いは、現金で渡すのはマナー違反となります。
自分よりも目上の方に、現金をお見舞いとして贈ることは失礼にあたるとされているからです。
最近ではそういう考え方もゆるくなってきており、現金で贈る方もいらっしゃいますが、できれば相場の金額相当の品物でお見舞いを贈るようにしましょう。
その職場での慣例を確認するようことも大切です。
 通常、お見舞い金を贈る場合には、紅白ののし袋または白い無地封筒を使用し、表面には上段に「お見舞い」「御見舞」などと書くのが一般的なのですが、上司に贈る場合には、「御伺い」「祈御全快」と書くのがマナーとなります。
上司へのお見舞い金の相場については、3千円〜1万円程度が相場であり、ご自分の立場や役職、その上司の方との関係性などを考慮して、無理のない金額を包むようにしましょう。
上司のみならずお見舞いの金額に関しては、一般的に3千円〜1万円が金額の相場となります。

スポンサーリンク

 お見舞いを受け取った側は、退院した際にはいただいた金額の2分の1〜3分の1の金額で、快気祝いの品物を用意するようになります。
ゆえに、あまり高額な入院見舞いは、相手に負担となりますので気をつけましょう。
職場の上司へは、同僚や部下と差をつけるために、相場よりも多い金額を包む方もいらっしゃいますが、上司に気を使わせないためにも、基本的には相場の範囲内で贈るようにしましょう。
 相場の範囲内であっても、4・6・9という数字の金額はNGとなります。
4=死、6=無、9=苦に通じるために縁起が良くないという理由からです。
また、上司に現金ではなく品物を贈る場合には、花や果物、お菓子の詰め合わせなどが人気の高い品物となっつています。
果物やお菓子を選ぶ際には日持ちするものを選ぶようにします。
また、花を選ぶ場合には、鉢植えは根付く=寝付くに通じることからNGとなりますし、ユリなどの匂いのきつい花もNGとなります。
生花がNGの病院もありますので、まずは病院に確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

会社の一人が入院した際に持って行くお見舞いの金額相場
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
会社関係者にお見舞い金を渡す際の金額の相場
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
上司の親御さんのお見舞い金額の相場
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。