お見舞い 金額 相場 上司の親

上司の親御さんのお見舞い金額の相場

スポンサーリンク

社会人ともなると会社の上司の親御さんが入院して代表としてお見舞いに行くことになる場合もあります。
そのような場合に、お見舞い金額の相場を知らないといくら募ればよいのか、自分一人だけだとしてもどの程度の金額をお見舞いに持って行くことが相場なのか知っておくようにしないといざ上司の親御さんのお見舞いに際に困ります。
また、金額相場の他にも上司の親御さんのお見舞いに行くマナーも同時に理解しておくようにしてください。
まず、お見舞い金額の相場は大体5、000円程度です。
これは、人に対しての金額相場になるので、まとめて持っていく際の目安にするとよいです。
ただ、たくさんの人数分のお見舞いを持っていく場合は、1人3、000円程度を金額相場にしても決して失礼ではありません。
このような相場を理解して、上司の親御さんに渡すと良いです。
もし、お世話になったからといって高額な金額を包んでしまうと相手側の負担になるので避けるようにしてください。

スポンサーリンク

また、上司の親御さんの面会に行く前に必ず上司に事前に確認をしてください。
特に手術などをしているような病状の場合は、体調の問題もあるので手術後すぐになどは避けてください。
上司の親御さんの面会に行く場合は基本的に午後行くようにしてください。
また、面会時の滞在時間も短めに済ませるようにしてください。
あくまで上司の親御さんになるので失礼にあたらないように注意しながら行動するようにしてください。
また、もし面会時に眠っているようであれば、ナースステーションなどに預けて帰るようにして、後ほど連絡をするという方法がスマートです。
また、お金の他にもタオルなどを持って行くことも良いです。
多くの場合は生活必需品を贈ると必ず入院中は使用するものになるので喜ばれます。
お見舞いのイメージがよくある花は、持って行くこと自体は間違いではありませんが、鉢植えなどは持って行かない、本数に気をつけるなど注意点がいくつかあるので持って行く場合は花屋さんと相談して決めてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

会社の一人が入院した際に持って行くお見舞いの金額相場
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
会社関係者にお見舞い金を渡す際の金額の相場
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
上司へのお見舞いの金額の相場について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。