お見舞い 金額 相場 部下

お見舞い金の金額を職場関係の部下に渡す場合の相場について

スポンサーリンク

 入院などをした相手にお見舞い金を渡す場合には金額の相場を守りましょう。
相場より多い金額を渡してもかえって相手に気を使わせてしまいますし、少なすぎると格好がつきません。
お見舞い金の金額の相場としては一般的に10、000円以内が相場とされています。
お見舞い金の金額の相場は相手との関係性や地域や家々の決まりごとによっても変わってくるため柔軟に対応しましょう。
会社関係の相手に渡す場合には、同僚なら連名で1人当たり1000円〜3000円程度が一般的です。
連名でなく個人で渡すのなら3000円〜5000円程度が一般的です。
部下に渡す場合には一般的には5000円〜10、000円程度、上司に渡す場合には目上の人に現金をお見舞いとして渡すのは失礼という考え方もあるため注意が必要です。
職場関係の相手にお見舞い金などを渡す際には特に注意が必要です。
上司や同僚、部下など相手との関係性によって金額の相場やマナーが違います。
不安があるなら個人で判断せずに職場で相談して決めましょう。

スポンサーリンク

職場の関係者に入院などのお見舞い金を渡す場合には金額の相場以外にもマナーに注意しましょう。
マナーを守ることは円滑な人間関係を進めるうえで大切なことです。
職場関係者の関係性としては部下、同僚、上司と様々な関係性があげられます。
部下や同僚にお見舞い金を渡す際に金額の相場より高額を渡してもかえって気を使わせてしまいますし、少ないと格好がつきません。
お見舞い金を渡す場合に相手が同僚なら3000円〜5000程度連名なら1人1000円〜3000円程度が一般的とされています。
部下に渡す場合には5000円〜10、000円程度が一般的とされています。
部下や同僚に渡す場合には一般的な金額の相場を守り相手に気を使わせないように注意しましょう。
相手が上司の場合には目上の人に現金を渡すのは失礼という考え方があるため注意が必要です。
最近ではそういった考え方もゆるくなってきてはいますが、個人で判断せずに職場の慣例を確認したり職場の中で相談しましょう。
職場関係の相手にお見舞い金を渡す際には部下、同僚、上司といった相手との関係性に注意が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

会社取引先のお見舞い金額の相場は、まずは相談することです
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
会社家族のお見舞いをするときの金額の相場やマナーを知る
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの金額相場、部下の家族が相手なら
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。