お見舞い 金額 相場 部下の家族

お見舞いの金額相場、部下の家族が相手なら

スポンサーリンク

 お見舞いと言えば、病気や災害などで苦しんでいる相手に行うものだというイメージがあります。
 このため、相手に対する気遣いが重要視される傾向にあり、それをお金で示すとなると、どのぐらいが相場なのか分からない、というケースが珍しくありません。
 では、お見舞いの金額相場はどうなっているのかと言いますと、両親や祖父母に代表される親族が相手でも一万円程度でよいとされています。
 苦しんでいる身内に対するお見舞いなのだから、金額は多めの方がよいのではないか、と考える人は多いのですが、どんなものにも相場は存在し、それを無視してしまうと、送られた方も気軽にそれを受け取れなくなります。
 このため、身内以外にお見舞いを渡す場合は、最大で五千円程度にすべきだとされています。
 このため、部下の家族に渡すお見舞いの金額は、三千円から五千円でよいとされています。
 これは部下の家族だから、そんなに渡さなくてもよい、というわけではなく、あくまで相手を気遣う気持ちを表現するために必要なものなので、そこを踏まえておきましょう。

スポンサーリンク

 部下の家族にお見舞いとしてお金を渡す際、金額相場に迷いが生じたら、集団でお金を工面した、というスタイルを採用するようにしましょう。
 この場合は、その部下の家族に対し、誰か一人を代表として選び、渡しに行くという形にすれば、問題はありません。
 なお、集団という格好になっても、金額相場は同じです。
一人あたま三千円から五千円というのを遵守しましょう。
 部下の家族にお見舞いに行く際は、向こうが気を遣うといけないので、長居は避けるようにしましょう。
 金額相場にばかり目を向けてしまう人が多いのですが、入院先や被災地で体力を消耗している人を疲れさせない、というのも大切なことなのです。
 部下の家族と言えば、日頃面識がないため、どんな人なのか分からないという場合は、人柄について訊ねておくのも重要です。
 相手がお金を受け取るのを謝絶した場合は、その人が喜びそうなものを送るようにしましょう。
 このときも金額相場は同じで、高すぎるものは避けましょう。
 部下の家族が相手でも、このように複数の気遣いは必要なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

会社取引先のお見舞い金額の相場は、まずは相談することです
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
会社家族のお見舞いをするときの金額の相場やマナーを知る
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金の金額を職場関係の部下に渡す場合の相場について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。