友人の子供が入院したとき渡すお見舞い金の金額相場

スポンサーリンク

友人の子供が入院したと聞くと、様々な点を悩むことになります。
お見舞いに行くべきか、行くとしたらお見舞い金を包むべきか、その金額相場はいくらかなど、悩むポイントは多くあります。
まず友人の子供が入院したときは、基本的にあまりお見舞いは行かない方がよいでしょう。
友人の子供の年齢や入院した理由にもよりますが、小児病棟は家族以外面会謝絶のことが多いためです。
特に友人の子供が幼い場合は、親も看病と付き添いでくたくたに疲れているのでお見舞い客に対応している余裕がありません。
感染症の心配もあるので、いきなり入院先に行くのは控えましょう。
もし友人がお見舞いを希望していたり来ても構わないと思っているならば、何らかのお見舞いの品を持って行くのがよいでしょう。
お金を包むのならば、3000円ほどが金額の相場です。
大人と同等の金額相場になりますが、入院は何かと物入りなのでもらえると助かるはずです。
しかし、あらかじめ辞退されたら無理強いはやめましょう。

スポンサーリンク

なにかお見舞い品を持って行くとしたら、幼い子供ならば絵本やおもちゃ、少し大きい子供ならば本などがよいでしょう。
品物の金額は特に相場はありませんが、あまり高額なものだと逆に気を遣わせてしまうので注意しましょう。
お金を包むときと同様、1000円から3000円ほどが金額の相場になります。
食べ物は制限されていることも多く、友人の子供にかえってつらい思いをさせることになりかねないので避けた方が無難です。
入院している間よりも、友人の子供という間柄なら退院してから退院祝いを持って行った方がお互いよいでしょう。
その際お金を包んだり品物を用意するならば、同様に3000円ほどが金額相場です。
しかし友人の子供ならば、金額相場を気にするよりも、気にかけているという気持ちが一番のお見舞いになります。
あまりこだわらず、入院した子供と親の負担にならない方法を考えてあげるのがよいでしょう。
逆に会いにいかないのも一つの思いやりです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加